【悲報】飛行機に臭すぎる男が搭乗、緊急着陸し男を降ろす事態に

【悲報】飛行機に臭すぎる男が搭乗、緊急着陸し男を降ろす事態に

乗客の悪臭を帯びた体臭が彼の周りの人に吐き気を引き起こし、気絶させた後、観光客でいっぱいの飛行機が転向した。

Transaviaボーイング737は、オランダのスキポール空港からグランカナリア島を出発しましたが、代わりにポルトガルのファーロに着陸しました。

ある時点で、飛行隊員は、操縦士が飛行機を転用する前にトイレで「洗っていない」男を隔離しようとしたと伝えられていた。

乗客は、男性の休日の嫌な匂いや、失神や嘔吐で悩まされていたという。

事件のために、飛行機は南ポルトガルのアルガルヴェ地方のファロに上陸したので、その人は取り除くことができた。

乗客の一人が撮影した写真は、飛行機から臭いの男をバスに乗せている医療関係者を示しています。

ベルギーの乗客Piet van Hautは飛行機に搭乗した乗客の一人で、問題の人の悪臭は「耐え難い」と述べた。

Smelly passenger forces Transavia pilots to divert
The flight to the Spanish holiday island of Gran Canaria from Holland was forced to make an unexpected detour as passengers became distressed by the stench of t...

 

画像はポルトガルの空港で医療スタッフに誘導される臭すぎる男

コメント