C・ロナウド新居の一日の家賃がやばい

C・ロナウド新居の一日の家賃がやばい

 ロシアW杯に出場したポルトガル代表のエースで、スペイン1部レアル・マドリードのFWクリスチアーノ・ロナウド(33)がイタリア1部リーグ7連覇のユベントスに移籍すると10日、Rマドリードが発表した。スペインの各メディアによると移籍金1億500万ユーロ(約136億円)の4年契約、推定年俸は3000万ユーロ(約39億円)になるという。

C・ロナウドは2009年にマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)からRマドリードに移籍。12~13年から6季連続で欧州CL得点王に輝き、5度優勝に導いた。ユベントスはセリエA優勝34度、欧州制覇2度の名門。C・ロナウドはロシアW杯で4得点したが、ポルトガルは決勝トーナメント1回戦で敗退した。

Rマドリードは公式ホームページで「世界最高の選手であり、クラブ史においてもフットボール史においても輝かしい時を過ごしたプレーヤーに感謝の意を表します」「クリスチアーノ・ロナウドは偉大なシンボルであり続け、次世代の見本となるでしょう」と声明を発表した。

一方、英紙「ザ・サン」はユベントスの本拠地トリノで14日に新居探しをする予定と報道。かつてユベントスに在籍した元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏らが住んでいた住居が最有力候補で、賃料はなんと1日525万円、単純計算では年間約20億円になる超豪華邸宅という。新天地でも家賃を払うためにゴールを量産できるか。

– 東京スポーツ新聞社
東スポ(東京スポーツ)のWebニュースでは、野球やサッカーなどのスポーツをはじめ、芸能・プロレス・競馬など豊富なジャンルのニュースを提供しています。

 

どひゃ~(;゚Д゚)

コメント