【悲報】熊本県庁に1300万円かけワンピースのルフィー像設置→市民猛反発

「ルフィ」像の予算化に賛否 1300万円かけ熊本県庁に設置へ 「復興の象徴」「優先順位違う」

熊本県は31日、熊本市出身の漫画家尾田栄一郎さんの人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の主人公ルフィの銅像を造ると発表した。関連予算は1300万円。県は「国内外の観光客を呼べ、熊本地震からの復興の象徴になる」と説明するが、設置場所は県庁敷地内。被災者から「もっと人が集まる場所にすればいいのに」「予算の優先順位が違う」との声もあり、賛否両論を呼びそうだ。

県は4月、被災した南阿蘇鉄道にイラストを提供するなどした尾田さんに県民栄誉賞を贈った。銅像はその記念に計画。約170センチの等身大で、費用は他の自治体を参考にしたという。

ワンピースは単行本発行部数が世界で累計4億3千万部を超す。県の担当者は「費用の100倍、千倍の効果を生む仕掛けを考えたい」と意欲満々。北九州市漫画ミュージアムの表智之専門研究員(48)は「県外向けの話題づくりとしては安い」とみる。ただ、北九州市では乗降客が多いJR小倉駅前に「キャプテンハーロック」などの銅像があるのに対し、熊本県庁を訪れる観光客は多くない。

熊本県ではまだ約3万5千人が仮住まいを続け、県は復興関連以外の予算を削減している。銅像の財源はふるさと納税を充てるが、西原村のみなし仮設住宅に住む60代女性は「感動する人もいると思うが、復興半ばの今、必要か」と首をかしげる。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

市民が反対するのは当然だよなぁ…(;´Д`)

コメント