滋賀に無断でクマ放獣して抗議された三重県 仕方ないので今回は奈良・和歌山県境寄りにクマ放獣

滋賀に無断でクマ放獣して抗議された三重県 仕方ないので今回は奈良・和歌山県境寄りにクマ放獣

熊野の山林にクマ放獣 誤って捕獲、県が注意呼び掛け 三重

三重県は8日、誤って捕獲した野生のツキノワグマ1頭を熊野市の山林で放ったと発表した。クマの誤捕獲は2年ぶり。周辺住民に注意を呼び掛けている。

県によると、市から8日午前10時ごろ、同市新鹿町で住民が仕掛けたイノシシ用のわなにツキノワグマがかかったと連絡があった。県職員が確認したところ、体重約52キロ、体長約1メートルで4―5歳の雄のツキノワグマがイノシシ用のおりに入っていた。

県はツキノワグマをクマ用のおりに移し、9日午前10時半ごろ、同市飛鳥町内の市有林で放した。県境を接する奈良、和歌山の両県には事前に放獣を通達。放獣したツキノワグマには発信器をつけてあり、1週間ほど集落に接近しないよう位置を監視する。

県は平成27年、滋賀県に事前連絡をしないまま、滋賀県内に無断で野生のクマを放獣し、滋賀県から抗議を受けた。

熊野の山林にクマ放獣 誤って捕獲、県が注意呼び掛け 三重 - 伊勢新聞
三重県は8日、誤って捕獲した野生のツキノワグマ1頭を熊野市の山林で放ったと発表した。クマの誤捕獲は2年ぶり。周辺住民に注意を呼び掛けている。 県によると、市から

 

画像は放獣され誤捕獲されたツキノワグマ。それにしても何のために放獣なんてするんやろ(・・?

コメント