【朗報】とろ久保田は生き残りへ。松本人志が叱咤激励で異例の救済

いわゆる「M―1上沼騒動」は今もなおくすぶり続けている。
発売中の「週刊新潮」では7年前に芸能界を引退した島田紳助(62)が登場し、自分には審査員として上沼恵美子(63)を招聘した責任があるとかなんとか。

関西の女帝に対し、「オバハン」や「更年期障害」などと恐れ知らずの暴言を吐いた「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」武智正剛(40)の両名については〈顔もわからへんわ〉と一蹴。

〈かわいがってた後輩やったら、上沼さんのところに行って「すいません」と謝って〉などと無念そうに語っている。

そんな紳助の胸中はさておき、ダウンタウンの松本人志(55)が、後輩のため、吉本興業のため、そして番組存続のため、ひと肌脱いだという。
先週15日、来年元日に放送されるお笑い特番「ドリーム東西ネタ合戦2019」(TBS系)の収録が行われた際、「本番前に松本は出演者であるとろサーモンの2人を楽屋に呼び出し、“俺はおまえたちの味方でもあるからな”などと叱咤激励した。自ら間に入って、泥沼化した事態を収束しようと懸命に動いている」というのである。

とろサーモンは腐っても昨年のM―1覇者。
それだけに「吉本は各方面に平謝りし、とろサーモンがお笑い界から消えないよう必死。賞レースのチャンピオンにはギャラを含めて優遇する事務所ですからね。
もっとも、騒動直後は仕事をキャンセルせざるを得ない状況で、年内の番組は断ったものも多かったと聞きます。ただ、年明け放送分に関しては『ドリーム東西ネタ合戦』のように収録に参加しています」

ダウンタウンの2人は同番組のMCを務めている。
芸人たちが東西に分かれ、持ちネタを披露するわけだが、東西両軍のキャプテンとして、志村けん(68)と西川きよし(72)という上沼に匹敵する大御所も出演。
縮こまって粗末な芸をやられても、新たな火種をつくられても困る――そう考えた松本が先手を打ったとも考えられるが、「実は最近、“松本が円くなった”と業界で話題になっていた。昔の松本なら今回の騒動だってフォローはしなかっただろうと
楽屋での一件を知る人たちは一様に驚いている。とろサーモンの担当マネジャーは呼び出しをくらった際、激怒されるとビビりまくってたぐらいだから」。

■スーマラ武智は長期化

芸能界追放から一転、久保田は松本の異例の救済措置で生き残り確定か。
ちなみに「部屋で毎晩泣いている」と、芸人仲間によって切実な近況が明かされた武智はといえば、「更年期障害発言でフェミニストから目をつけられたこともあって、吉本もしばらくは静観するようです」

バカな2人はともかく、冷静に今回の騒動を収めた松本の株は上がった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00000011-nkgendai-ent

 

言うてもあのラップは完全に煽りに行ってたし、松本が動けば済むって問題でもないやろw

コメント