【サッカー】久保建英に訪れた試練 海外記者「タケはスタメンから外れた」19試合1得点

スポンサーリンク

「タケはスタメンから外れた」。久保建英に訪れた試練。

スポンサーリンク

久保建英所属のマジョルカは22節ホームにバジャドリードを迎え撃った。試合は後半11分、バジャドリードに先制を許す。マジョルカはすぐさまその3分後、中盤ダニに代えて久保を投入する。久保は後半29分、エリア内右からシュート、これはGK正面。しかし、随所に積極性を見せる久保に実況も思わず、「久保はバジャドリードの脅威だ」と言うくらい、プレッシャーの厳しいところからパスや突破を図る。後半38分にはエリア外中央から左足で枠ギリギリの惜しいシュートを放つ。しかし無情にも、試合はこのまま終了。マジョルカはホームで順位表上ライバルであったバジャドリードに敗戦を喫している。

スポンサーリンク

ここ最近の久保は、1月21日にサラゴサ香川真司との日本人対決もスペイン国王杯で実現。久保はトップ下で先発フル出場を果たしている。しかしリーグ戦ではウィンターブレイク明けのアウェイ・グラナダ戦に先発フル出場以降、バレンシア、レアル・ソシエダ、そしてバジャドリード戦と途中出場が続く。

スポンサーリンク

AS紙マジョルカ担当のガブリエル・フォルテサ記者は久保について開口一番、「タケはスタメンを外れたよ」と言う。この真意は、今後もスタメンを外れるだろうということである。さらに、「何て言ったらいいかわからないけれど、試合中、タケにブレーキがかかっている感じがする」と表現する。監督の指示と自分のプレースタイルの狭間に陥ったときの迷いか。

スポンサーリンク

ガブリエル記者は、「クチョが戻ってきて、タケの出番は減った。ビセンテ・モレーノ監督はスタメンをあまりいじならいからね。ダニ、ラゴ、ブディ、クチョは変えない。これにフェバス、ポソ、さらにクトリスはまだわからないけどね、競争は激しくなるよ」と久保が置かれる状況を説明する。

スポンサーリンク

マジョルカは下位に位置するものの同記者は、「チームは悪くない。雰囲気もいい。試合はいいところが出る試合もあれば悪いときもある。試合によって、その試合の性格が違うからね。ビセンテ・モレーノ体制は続くよ」と締めくくる。久保の立たされる厳しい立場は続く。得点でも挙げればすぐさま状況は変わるだろうが。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-00010004-jsportsv-socc

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

今後数年くらいはスペインリーグ内でレンタルに留まるかもしれないが、その後は世界各国リーグをドサ回りする選手になる気がする😨😨😨

コメント