sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

日本海の沖合で「巨大な空母」のような蜃気楼出現

   

日本海の沖合で「巨大な空母」のような蜃気楼出現

新潟沖に蜃気楼出現か

新潟市中央区から臨む日本海の沖合で22日夕方、蜃気楼(しんきろう)とみられる現象が観測された。信濃川河口付近から見ると、粟島方面に巨大な空母のような影が現れた。日本気象協会新潟支店は「蜃気楼の可能性が高く、新潟で見られるのは非常に珍しい」としている。

蜃気楼は光の屈折によって、地上や水上に実際にはそこにない建物や景色が浮き上がって見える現象。気象協会によると、22日は海水温が低めだった一方、気温は高くなったため光の屈折が起きた可能性がある。同協会は「粟島が光の屈折で浮き上がり、船のように見えたのではないか」と推測している。

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180523394915.html

 

軍靴の音が聞こえる…(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット