sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

訪問先で出された「コーヒー」を飲んではいけない理由

   

訪問先で出された「コーヒー」を飲んではいけない理由

日本で初めて「日本経営品質賞」を2度受賞(2001年度、2010年度)した
小山昇氏話題の新刊『1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得』は、「この1冊を読むだけで、“経営の3種の神器(現場、環境整備、経営計画書)”のエッセンスが身につくオール・イン・ワンブック」だという。小山氏に、「三流が一流に変わる心得」を紹介してもらおう。

● ★【三流】は、出されたコーヒーを「ゆっくり」飲む ★【二流】は、出されたコーヒーを「急いで」飲む ★【一流】は、出されたコーヒーを「飲まない」

小山 川村さんの会社は低温商品に特化した運送業だよね。配送ルートは全部でいくつ?

川村 約50です。社員だけでは網羅できないので、外注も使っています。

小山 だったら、外注先が回るルートと、社員が回るルートを入れ替えたほうがいい。どうして入れ替えたほうがいいのかわかりますか?
「アナグマ(穴熊)社長」の川村さんには、入れ替える理由がわからないかもしれないね。

川村 ア・ナ・グ・マ社長……?

● 一流社長のコーヒーの飲み方

多くの社長は「現場を見るのは、当たり前」と考えています。

ところが、実際には現場に出向いて情報を拾い上げている社長は、ごくわずかです。

私は、月に4~5社ほど「お客様訪問」(経営サポート会員の会社訪問)をしています。その際に心がけていることは、お客様の「現場」を隈なく見て歩き、

●その会社が「どうしたら業績が上がるか」
●その会社が「どこで(何で)業績を上げているのか」

を見つけることです。

訪問先では、「お茶もコーヒーも出さなくていいです」と言っています。お茶を飲んでいる時間がもったいない。

● 真実は現場にしかない

応接室に通されてお茶を飲んだところで、「どうしたら業績が上がるか」はわからない。会社をよくする情報は「現場」にしかありません。

株式会社低温(低温商品の物流/奈良県)の川村信幸社長は、かつて、現場を知らない「アナグマ(穴熊)社長」でした。
アナグマ社長とは、会社ばかりにいて、外に出ない社長のことです。

この会社は、冷凍チルド食品の配送、青果物、水産物の配送などが主な仕事です。

「約50」ある配送ルート(奈良県中心)を社員と外注を使って網羅していたのですが、私は、あることに気がつきました。

それは、
「外注先が受け持っているルートと、低温の社員が回っているルートを入れ替えたほうがいいのではないか」ということです。

低温の社員は「距離の長いルート」を受け持っていたため、残業が増えていました。
そこで、外注費用と社員に支払う残業代を比較してみたところ、「残業代のほうが高い」ことがわかった。

仕事の効率を考えて発注した「外注」が、じつは「害虫」になって、お金を食い散らかしていたのです。

私は、「かばん持ち」をしていた川村社長に「ルートの入れ替え」を提案しました。ルートを入れ替えた結果、どうなったと思いますか?

毎月「250万円」の純利益が出たのです。
私は常に現実・現場の目線で考え、経営判断を下すように心がけています。自分自身が見聞きしたこと、体験したことによってのみ考える、と言ってもいい。

なぜなら、「真実は現場にしかない」からです。

● 「経営の3種の神器」(現場、環境整備、経営計画書)の核となる 「現場」を初公開!  108万円の現場研修のエッセンスを1冊に凝縮!  ――小山昇からの熱いメッセージ

このたび、『1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得』を出版しました。

読むだけで、現場の汗を感じ、“毛穴”から吸収できる経営の「オール・イン・ワン」ブック。3日間総額・108万円の価値を出し惜しみなく体系的に収録。この1冊を読むだけで、“経営の3種の神器(現場、環境整備、経営計画書)”のエッセンスが身につく構成にしました。

私の本を一度も読んだことがない方にも、何度も読んだことがある方にもご満足いただけるよう、隠しごとは一切なし!  すべてオープンです。

「三流」→「二流」→「一流」の分かれ目とは何か。
どんな着眼点を持っておくと、今は三流でも一流にはい上がれるか。
どうすれば、利益がみるみる上がり、社員と社長が一体となった組織ができるか。
私の経営指導の根幹を「3つの対比」で表現してみました。

この対比を見ていくだけでも、同業他社と大きな差がついていくでしょう。
天国と地獄の分かれ目は、ほんの些細な着眼点です。

巻頭の 初公開!  1日36万円の『かばん持ち』図鑑と、
巻末の【特別付録】三流が一流に一夜にして変身!  3日で108万円払った社長も知らない!  役立つ着眼点・習慣・秘録リスト24は、実際「かばん持ち」を体験した社長も知らない本書独自の試みでもあります。

私自身、600社超の会社を指導し、数多くの書籍を出版してきましたが、

「小山さんの本で、究極の1冊はどれですか? 」
「これさえ読めば、経営の根幹がすぐわかるものは何ですか? 」
「『小山昇のかばん持ち』は、本にならないのですか? 」

と言われてきたので、
「ほかの本を読む前に、この1冊、まず読んでください」
と言える「面白くて現場で役立つ本」をつくりたいと思ってきました。

それが本書です。

2001年以降、600社超の現役社長と向き合った集大成として、「三流が一流に変わる心得」をとことんスクイーズ!  本当に役立つことだけを「40の心得」として、グイッと絞り込みました。

ですから、この1冊だけは、かならず読んでください。

経営者にとって、日々の経営は本当に厳しい。
誰にも相談できずに悶々と悩んでいませんか?

わかります。
わかります。
そんな社長にたくさん会ってきましたから。
私のところにくる社長の8割が右肩下がり、3割5分が赤字。

でも、現在、指導600社超のうち、15年連続倒産ゼロ。5社に1社は過去最高益。その秘密のひとつが「1日36万円のかばん持ち」です。
社長の元気は会社の元気をつくり、社員も元気にする!
社長の着眼点と気持ちひとつで、会社は一気に変わり始めるのです。

本書には、私の「かばん持ち」をした「40名以上の社長」が「かばん持ち」の最中に交わしたリアルな会話も掲載していますから、ぜひ社長だけでなく、幹部、社員、スタッフみんなで本書を教科書に儲かるヒントを見出してみてください。

『1日36万円のかばん持ち』を読む前は、すごく暗い気持ちだったのに、読後感は晴れやかでさわやかなものだったら、著者としてこれほどうれしいことはありません。

よろしければ、ぜひご一読いただき、
『1日36万円のかばん持ち』を紙上で体感いただければと思います。

<著者プロフィール>
小山 昇(Noboru Koyama)
株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。東京経済大学を卒業し、日本サービスマーチャンダイザー株式会社(現在の株式会社武蔵野)に入社。一時期、独立して株式会社ベリーを経営していたが、1987年に株式会社武蔵野に復帰。1989年より社長に就任して現在に至る。「大卒は2人だけ、それなりの人材しか集まらなかった落ちこぼれ集団」を毎年増収増益の優良企業に育てる。2001年から同社の経営のしくみを紹介する「経営サポート事業」を展開。現在、600社以上の会員企業を指導しているほか、「実践経営塾」「実践幹部塾」「経営計画書セミナー」など、全国各地で年間240回以上の講演・セミナーを開催。1999年「電子メッセージング協議会会長賞」、2001年度「経済産業大臣賞」、2004年度、経済産業省が推進する「IT経営百選最優秀賞」をそれぞれ受賞。日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。
2004年からスタートした、3日で108万円の現場研修(=1日36万円の「かばん持ち」)が年々話題となり、現在、70人・1年待ちの人気プログラムとなっている。
『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる! 』『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』『強い会社の教科書』(以上、ダイヤモンド社)、『99%の社長が知らない銀行とお金の話』『無担保で16億円借りる小山昇の“実践”銀行交渉術』(以上、あさ出版)、『【増補改訂版】仕事ができる人の心得』(CCCメディアハウス)などベスト&ロングセラー多数。
【ホームページ】
http://www.m-keiei.jp/

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160321-00086713-diamond-bus_all

先方にどうぞと言われたら一口飲み、帰り際にチャンスがあったら冷めたやつを一気に飲む。チャンスが無かったら無理に飲まない。

 - ニュース