sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

加山雄三クルーザー炎上に浮上した“放火説”

   

加山雄三クルーザー炎上に浮上した“放火説”

 若大将のクルーザーが炎上して大ニュースになっている。

加山雄三(80)がヨット好きなのは昔から有名な話。3代目の「光進丸」を1983年から静岡県西伊豆町の安良里港沖に係留していた。その光進丸が1日午後9時過ぎに炎上したのだ。

「クルーザーは104トン、全長25メートルで、地元では特段の大型船として知られていた。クルマを止めて見物する観光客もいるくらいです。40~100メートルの沖合に係留しているため消防車の放水が届かず、可搬ポンプを1隻の船に積んでそばまで行って放水しました」(地元関係者)

加山は1日は沖縄でコンサートに出演。2日の夜、羽田空港で会見し、「出火の原因はまだわかりません。心当たりがない」と説明した。

■「船の火災は聞いたことがない」

専門家によると、クルーザーから出火する場合、2つの原因が考えられるという。エンジンのガソリンが気化して船内に充満し、電気系統のショートで発火するケースと電気系統の漏電だ。

「だけど、おかしい。気化したガソリンに火がついても普通は火災までいきません。漏電ならブツブツ燃えてじきに消えるものです。ところが今回の事故では『ドカーン』という爆発音を2度聞いた人がいる。そんな爆発は考えられないし、そもそも日本国内で無人のクルーザーが炎上したなんて聞いたことがありません」(船舶の専門家)

現地で取材中の記者もこう言う。

「地元の消防や漁業関係者、観光関係者などに聞いたところ、これまで湾内で船が燃えた事故は聞いたことがないそうです。通常あり得ないことが起きた。それも加山雄三という有名人のクルーザーだったから大騒ぎになっています」

では原因は何なのか。

「あくまでもウワサですが、放火ではないかというのです。光進丸は小舟で係留ポイントまで行って船に上がる乗船方法。事故当夜、誰かが小舟で接近し、火をつけたのではないかとの声も上がっています」(前出の記者)

光進丸は地元の藤高造船が定期検査や修理を担当。保険にも入っていたという。何が原因で炎上したのか。捜査の進展に注目だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/14529486/

 

もしこれが放火だとすると…計画的あるいは突発的な犯行で、おそらく犯人は10代~20代、もしくは30代~40代、または50代以上の人物だろうな( ー`дー´)キリッ

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能