sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【10,000RT以上】高齢者の交通事故で運転させない手段が話題に

   

【10,000RT以上】高齢者の交通事故で運転させない手段が話題に

高齢者の交通事故で運転させない手段に脚光! 「バッテリーを外す」「メインヒューズを抜く」

2018年1月9日に群馬県前橋市で85歳男性が運転する乗用車が対向車線にはみ出して自転車2台に衝突し、高校生2人が重体となっている事故。この運転手はこれまでにも何度も事故を起こしていると報じられています。

この事故で、改めて高齢者の自動車の運転の是非がクローズアップされていますが、ある『Twitter』ユーザーが運転をやめさせる対策をツイートしています。

このユーザーは続けてツイート。

これに対しては「すごい運転の辞めさせ方」「バッテリーの外側の箱を入れておけば完璧」といった反応があったほか、「鍵を隠すと家族に攻撃的になったりするので良い」といった声も見られ、ほかにも「うちはメインヒューズを抜いた」といった対策を講じている人もいました。

一方で、別のユーザーからはこのようなツイートも。

「免許差し込まないと動かない車とかあるべき」「国としてオート運転の導入は進めてほしい」といった意見もあった高齢者の運転問題。今後高齢者が増えていくことが予想される以上、何らかの抜本的な対策を講じる必要があるのではないでしょうか。

http://getnews.jp/archives/2006694

とかく事故を起こした老人の家族が責められがちだけど、「運転をやめさせようとすると家族に対して攻撃的になる」という問題も多いみたい。こういう工夫ってほんと大事やね(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - Twitter・SNS, ニュース, ネット