sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

教師の妻が綴った「高校生へのお願い」。その内容に深く考えさせられる

   

高校教師の旦那さんと暮らすまみむめも (@sfmqq530)さんが投稿した、とある「切実な願い」を綴ったツイートに注目が集まっています。

「自由な時間を返してください」

教員の家族の方々がこのような目に遭っているとは、全くもって知りませんでした…。

「1人1台のスマホ」が常識となった現代。

見ず知らずの人にカメラを向けることに対しての罪悪感が、社会全体において確実に薄くなっていることを象徴するエピソードです。

ネットの反応

●「プライベートであっても声をかけるな、外は学校じゃない。俺は教師であってお前らの知り合いや友人じゃない」とのたまった数学教師がいた●俺の担任が同じようなこと言ってた どこ行っても生徒に会うから出かける時は遠くに行くって

●高校生として、こんなことを言わせてしまって本当に申し訳ないと思う

●これに限らず、大の大人が美術館などの撮影不可の場所や芸能人なんかも平気で隠し撮りする時代。モラルのない恥ずかしい人間が増えましたこと

もし自分が同じことをされたらどう感じるか。そのほんの少しの想像力で、行動は劇的に変わります。

年齢にかかわらず、様々な意味で「誰もが当たり前のことを当たり前にできる世の中」が実現することを、心から願ってやみません。

http://buzzmag.jp/archives/153204

先生を隠し撮りする意味が分からんけど、自分も子供のころプライベートで先生と会うのは意味もなく気まずかった。隠し撮りは生徒が悪いけど、先生は学校から少し離れたところに住んだ方がいいのかもね。。

関連コンテンツ ユニット



 - Twitter・SNS, ニュース, ネット