【すごい】高校球児が陸上に転向した結果

陸上短距離に現れた新星・鵜澤飛羽 「陸上の才能ない」元球児が1年半で高校2冠の衝撃

中学までバリバリ球児の16歳、肘の故障から“消去法”で選んだ陸上短距離でインターハイ2冠
全国高校総体(インターハイ)の陸上は沖縄・タピック県総ひやごんスタジアムを舞台に行われ、5日間に渡る熱戦が幕を閉じた。沖縄独特の変わりやすい天候に加え、台風接近により強風が吹き荒れることもあったが、好記録が連発した今大会。男子走り幅跳びで高校新記録をマークした藤原孝輝(2年=洛南)とともに、最大のインパクトを残したのが、鵜澤飛羽(2年=築館)だろう。

男子100、200メートルで2冠。2年生で達成したこともさることながら、タイムで度肝を抜いた。100メートルは10秒19。200メートルは20秒36。ともに追い風参考となり、公認記録にこそならなかったが、2.1メートルとわずかに“吹きすぎた”200メートルは、サニブラウン・ハキーム(現フロリダ大)がマークした高校記録に、あと0.02秒に迫る快記録だった。

タイムについて、レース後は「思わず叫んじゃった。公認じゃないとわかって『マジか』って」と苦笑い。「タイムは出ても、20秒6、7くらいと思っていたが、まさかの3とは……」と本人もびっくりだったが、一方で「100メートルでしっかり優勝できた。100で通用したんだったら、200で通用しないわけがない」と確固たる自信があったことも事実だ。

陸上界に現れたスター候補。しかし、特筆すべきは陸上歴がわずか1年半という事実だろう。築館中時代は野球に打ち込み、イチローに憧れ「守備が売り」の俊足中堅手で鳴らした。高校生活の夢は、甲子園。そう思っていたが、遠投の練習で肘を痛めた。遠投90メートル超を誇る強肩も野球を諦めざるを得ず。築館に進学し、代わりに始めたのが陸上だった。

長距離は得意じゃない、投てきは肘の故障で難しい。“消去法”で選んだ短距離で、たった1年半で高校No.1スプリンターに上り詰めた。一躍、注目を浴びる存在となったが、自身について、こう評す。「自分に陸上の才能はないと思う」。才能がないのに、高校2冠なんてできるのか。一見して謙遜した言葉に聞こえたが、本人は本気で思っているようだ。

その証拠が、絶対的な練習量にある。「入学した日から、毎日、毎日、ずーっと走ってきた」という。通常練習に加え、帰宅後に自主練習で自宅近くの200メートル以上ある坂を20、30本ダッシュすることもざら。時に監督から怒られることもあるほど自らの体を苛め抜き、「大会5日前も22本走ってぶっ倒れてました」とケロリと言って、笑い飛ばした。

16歳が自ら認める“一つの才能”「人より努力している自信はある。努力した量なら負けない」
「才能のない自分」を認めているから、どうしたら、周りより速く、強い選手になれるのか。それだけを考えて走り続け、実践する意志の強さがある。だから「努力する才能はあるかもしれない」と自分で言う。「人より努力している自信はある。努力した量なら負けないと思う」。この言葉こそが、鵜澤飛羽という男を読み解く本音に聞こえた。

今も野球は好きという。大会期間中も「宿舎では甲子園を見ていた。ここに自分もいたのかなあ……」と笑い、白球に対する思いちらつかせたが、陸上界の期待は高まる。今大会は100メートルで桐生祥秀の大会記録、200メートルでサニブラウンの高校記録に迫った。今後は比較になる名前が、自然と日本を牽引する9秒台スプリンターになってくる。

今大会は5月に左足首の靱帯を損傷した影響で、当初は県総体に出場しないことも考えていたほど。それが、2つのレースで一躍、その名を陸上界に知らしめることになった。宮城・大河原町出身の16歳。競技歴の浅さは、伸びしろの大きさの裏返し。181センチ、62キロの体はまだ線の細さも残るが、それもまた、成長の余白は十分に感じさせてくれる。

200メートルのレース後、「まずは公認で20秒3台を出すこと」と目標を語った上で「これから本気でやっていけば、19秒台も出ると思う」と言った言葉も絵空事じゃない。「才能のないスプリンター」は、己を強くする方法を知っている。果たして、これからどんな選手に成長していくのか。夏の沖縄の日差しに照らされ、楽しみな逸材が芽吹いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00078216-theanswer-spo

sakamobi
sakamobi

日本のフィジカルエリートはまず野球だからね😅😅😅

コメント