紅白歌合戦にも「LGBTQ」の波 男女でのチーム分けに廃止説 「時代の流れにそぐわない」

スポンサーリンク

紅白歌合戦にも「LGBTQ」と「SDGs」の波! 男女での“チーム分け”に廃止説

スポンサーリンク

10月29日、大泉洋と川口春奈、和久田麻由子アナが『第72回紅白歌合戦』の司会を務めることが発表された。世界ではスタンダードになりつつある“多様性を認めること”や“社会的な課題への取り組み”が、大みそかの風物詩にも反映され始めているようで―。

10月29日、大みそかの風物詩『紅白歌合戦』の司会者が発表され話題を呼んでいる。

「総合司会者に加えて、『紅組』と『白組』の司会がいるのが恒例でしたが、今年は大泉洋さん、川口春奈さん、NHKの和久田麻由子アナの3人が“司会”という形に。多様性を認める時代の流れを反映したもので、紅白歌合戦のあり方についての意見が交わされています」(スポーツ紙記者)

スポンサーリンク

これまでは女性歌手が『紅組』、男性歌手が『白組』と性別でチーム分けをしていたが、今年は大胆な演出がささやかれている。

「司会者を組分けしなかったことからもわかるとおり、局内でも“LGBTQなどの観点から、性別で分けるのは時代の流れにそぐわないのでは?”という声が出ています。従来のチーム分けの方法や演出を根本から変える案も出ていますよ」(NHK関係者)

スポンサーリンク

ジャニーズと乃木坂が“同じチーム”に?
’06年にはトランスジェンダー(生まれたときの身体性別が、自身の性自認と異なる人々)を公表したシンガー・ソングライターの中村中が『紅組』で出演したこともあった。

「ステージ衣装は真っ赤なドレスに白い羽のようなデザインを少し入れたものでした。この衣装について、“衣装で(トランスジェンダーを)説明しなくてはいけないことが気持ち悪いと思っていた”と紅白後のインタビューで明かしていました」(音楽ライター)

日経BP総合研究所・上席研究員の品田英雄さんもこう指摘する。

スポンサーリンク

「LGBTQへの理解が深まっている今、性別でチーム分けしたり、勝ち負けを決めたりするのは、昭和の価値観を引きずっていると思われても仕方ありません」

以前から男女で編成されたグループをどちらの組で出場させるかといった問題もあっただけに、チーム分けの方法もガラリと変わる可能性が。

「“ヤングとシニア”“出身地で東西に分ける”といった方法は、選出される歌手のバランスもあるので難しいかもしれません。考えられるのは男性と女性を五十音順で振り分ける方法でしょうね。ジャニーズと乃木坂46が同じチームになったり、ジャニーズもグループによっては別のチームに……という可能性もありえると思います」(エンタメ事情に詳しいフリーライターの大塚ナギサさん)

スポンサーリンク

ジェンダー平等のほか、貧困や環境問題などの社会的課題を解決する取り組みSDGs(持続可能な開発目標)への意識も高まっているが、品田さんは紅白の演出にも反映されるのでは?と語る。

「SDGsへの関心の高まりもあり、社会的意義や社会への貢献が問われる1年となりました。視聴者的にはインパクトに欠けるかもしれませんが、SDGsを意識した演出がハマれば、紅白の目玉の1つになりうるのでは」

スポンサーリンク

新しい社会メッセージを打ち出せるか
SDGsを意識した活動は音楽業界でも始まっている。

「使われなくなった楽器を再生させ、リユースする楽器店も増えています。SDGsが掲げる17の目標を歌詞にして、わかりやすく子どもたちに伝える……といった活動も広まりつつあるので、紅白でも取り入れてほしいですね」(レコード会社関係者)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、昨年は無観客で行われたが視聴者からは、

《純粋に歌を楽しめた》

と好意的な意見も多く見られた。

スポンサーリンク

今年は従来の会場だったNHKホールが改修工事を行っている関係で、有楽町の東京国際フォーラムに場所を移し、2年ぶりに有観客で開催される。『CDショップ大賞』事務局の高安紗やかさんは、昨年のよさを引き継いだ演出に期待する。

「観客席もステージとして使用する……といった、舞台演出の大胆さは素晴らしかったですね。そういった昨年のよかった部分は残しつつ、ペンライト演出など有観客だからこそできる観客参加型の演出にぜひ期待したいですね」

前出の品田さんも昨年の放送に「音楽ショーとしてのすごさを見せてくれた」と好意的だが、不安要素も指摘する。

スポンサーリンク

「昨年と同じ演出をしても物足りなく感じるでしょうし、今年はみなさんが慣れ親しんだ曲が少ないので、去年以上に見せ方が難しい気がします。新型コロナ以降、社会のデジタルシフトが一気に進みました。新しい社会のメッセージを紅白歌合戦で示せるかがカギになるでしょう」

昨年は活動休止を発表した嵐のラストステージが目玉になっていたが、今年は国民的ヒットといえる曲や話題性のある歌手が少ないだけに、NHKもキャスティングには頭を悩ませていそうだ。

そんな中、初出場に期待が集まるのが、地元の岡山弁を交えた斬新な歌詞や卓越した才能で“天才”と絶賛される藤井風だ。

スポンサーリンク

「9月に日産スタジアムで開催された無観客ソロライブの舞台裏などに密着した番組が、先日NHKで放送されました。今年はメディアに出る機会も増え、“風”のように新しい時代に颯爽と登場した彼が、紅白のステージでインパクトを残す姿を見たいですね」(高安さん)

品田さんもこう続ける。

「新型コロナの影響もあり、今年の活躍という点を考えるとネットで話題になった、若い世代に人気のアーティストが有利になりそうです。初出場組なら藤井風さん、BTSあたりも候補に挙がるのでは。SDGsの取り組みの中には“国内および国家間の格差を是正する”というものもありますし、NHKとしても世界で活躍するBTSのようなアーティストに出場してほしいのではないでしょうか」

スポンサーリンク

昨年は紅組の司会も務めた二階堂ふみが、特別企画『紅白 ディズニースペシャルメドレー』で美声を披露して話題になった。前出の高安さんは、放送中の朝ドラ『カムカムエヴリバディ』でヒロインを務める上白石萌音を出場歌手候補の1人に挙げる。

「今年6月には’70~’90年代のヒット曲をカバーしたアルバムを発売しました。歌唱力もありますし、幅広い世代にうけるカバー曲での出場に期待したいです」

昨年選出されながらも、メンバーの1人が新型コロナに感染したことで出場を辞退したSnow Manも有力視されている1組だ。

スポンサーリンク

「ジャニーズ所属のアーティストでトップクラスのセールスを誇りますし、出場は確実。昨年と今年のヒット曲をメドレー形式で歌う可能性もありそう」(高安さん)

昨年を超える演出に期待!

紅白歌合戦にも「LGBTQ」と「SDGs」の波! 男女での“チーム分け”に廃止説(週刊女性PRIME) - Yahoo!ニュース
 10月29日、大泉洋と川口春奈、和久田麻由子アナが『第72回紅白歌合戦』の司会を務めることが発表された。世界ではスタンダードになりつつある“多様性を認めること”や“社会的な課題への取り組み”が、大
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

まぁ男が勝った、女が勝ったして未だに許されてるの凄いわな紅白😅😅😅

コメント