スポンサーリンク

事故で片足切断…止血し、励ましている最中 通りがかりの人の一言が悲劇を招いた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事故で片足切断…止血し、励ましている最中 通りがかりの人の一言が悲劇を招いた

Twitterユーザーのひろとさん(@AirHiro0528)が投稿した、人命救助に関わる人から聞いたというエピソードです。この出来事を紹介するにあたり、「多くの人に知ってもらいたい」とコメントをいただきました。

事故に遭い、不幸にも片足を切断してしまった方が。止血の処置をし、救急隊の到着を待っていたのでしょう。「大丈夫だよ」と応急処置をした人は、怪我した人に声をかけて励まし続けていました。

しかしそのあと、悲劇が…。

事故現場を通りかかった、一般の人が驚いてこんな言葉を口にしてしまいます。

「うわ、足ちぎれてるよ」

しかも大きな声で…。

怪我をした人は、まさか、自分の足が切断されてしまったとは思っていなかったのでしょう。処置を受け、なんとか生きようと痛み・苦しみをこらえていたはずです。そのさなかに聞いてしまった言葉…。

その後、怪我した人は震えはじめてパニック状態に。止血の処置をし、体を動かしていないはずなのに足から血が止まらなくなり、最後には亡くなってしまったそうです。

病院に搬送されて、適切な処置をすれば助かった命かもしれません。それが最悪なことに、事故現場で命を落とす結果になってしまいました。

事故で片足切断…止血し励ましている最中、通りがかりの人が悲劇を招いた
事故で片足を切断してしまった人が。止血の処置をし、励まし続けていたところ、通りがかりの人が悲劇を起こしてしまった。

足が切断された事意識した瞬間状態が悪化するなんて…プラシーボ効果とかもあるし思い込みの力ってのはホント馬鹿に出来ないもんだな(;´Д`)

コメント