小倉優子「こりん星は爆発しました」

小倉優子「こりん星は爆発しました」

「こりん星は爆発しました」で虚像ブチ壊した小倉優子の脱皮

「芸能界で生き残るためにウソにウソを重ねてつらかった」

先日、テレビ番組で小倉優子は「ゆうこりん」時代のことをこう明かした。時には「ストレスでお酒に走った」という話には驚かされた。

芸能界はあくまでも虚像を売る世界。実像とは違う自分を売る。歌手でも楽曲のイメージに合わせてキャラクターを変える。今でこそ「おちゃめでおしゃべり」と面白さ全開の前川清や玉置浩二も、若い頃は無口な二枚目のイメージでムード歌謡を演出する一端を担っていた。

特にアイドルはイメージ優先。「好きでもないハンバーグやプリンが“好き”と答えるように指示された」という話を元歌手から聞いた。話の内容の演出ならまだしも、小倉はかなり特殊だった。

「こりん星から来たりんごももか姫」という創作のお姫様キャラとして売り出した。ロリータキャラとマッチしてテレビ・グラビア界を席巻したが、売れるほどウソは上塗りしなければならない。本人にしてみれば、つらい思い出しかないのもわかる。

若手芸人との熱愛が発覚したこともあった。「こりん星の姫が地球上の男と恋をした」と騒がれ、「事務所から別れさせられた」と喧伝された。それでも人気に支持され8年近くにわたり、こりん星の姫を演じた。課題はこりん星からの脱出だったが、想定外のアイデアに出た。「こりん星は爆発しました」とギャグで地球上の女の子に戻ったのだ。

すでに27歳になっていた小倉はヘアメークの男性と交際宣言。1年後に結婚した。今や1児の母として「ママタレ」界で活躍するが、虚像の呪縛から解放され、実像に戻り生き生きしているように見える。

ブログで発信する育児や料理は説得力があるという。虚像時代のインパクトが強かっただけに、家事をする姿のすべてが実像と映り、信憑性を増す。アイドル時代から一転、女性からの支持が高い。ストレスのない余裕が過去を冷静に振り返れたのだと思う。

「こりん星は爆発しました」で虚像ブチ壊した小倉優子の脱皮|日刊ゲンダイDIGITAL
「芸能界で生き残るためにウソにウソを重ねてつらかった」 先日、テレビ番組で小倉優子は「ゆうこりん」時代のこ...

 

大惨事で草

コメント