【悲報】セサミストリートに初登場の韓国系キャラは韓国人スタッフのゴリ推しだった!中韓に対する嫌悪を無くすため(日本人はスルーされる)

スポンサーリンク

セサミストリートに韓国系キャラが登場 韓国人スタッフのゴリ推しだった

スポンサーリンク

セサミストリートとはアメリカのセサミワークショップが制作する子供向け教育番組で、1969年から放送されている。

操り人形による人形劇で、毛むくじゃらのエルモ、カエル、ヤギ、探偵、イス、魔法遣いなど様々なキャラクターが登場する。

そんなセサミストリートに初のアジア系キャラクター、正確には韓国系キャラクターが登場することになった。7歳の女の子で名前はジヨン、韓国の食べ物や文化を紹介するキャラクター。

スポンサーリンク

今まで差別とは無縁だったセサミストリートに突如としてアジアに配慮したかのようなキャラクターが登場。

この背景を調べたところ、キャラクラーの演技者でありキャラクター制作に関わった人形術師は韓国人だったことがわかった。キャスリーン・キムという人物でこの人物が、アジア人ではなく韓国人として強く推したという。また「韓国系アメリカ人」と具体化してほしいとも述べている。

スポンサーリンク

またここ最近のアメリカ人の中国人や韓国人に対する嫌悪を無くすためにアジア系キャラクターを作ったという。

ジヨンは11月25日にHBO Maxにて放送されるサンクスギビングの特別番組「See Us Coming Together」で初登場となる。この日は大坂なおみも出演予定。

韓国でジヨンという名前の「ジ」は「賢い」という意味があり、「ヨン」は「勇敢」という意味がある。

セサミストリートに韓国系キャラが登場 韓国人スタッフのゴリ推しだった
  /*  ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください */  セサミストリートとはアメリカのセサミワークショップが制作する子供向け教育番組で、1969年から放送されている。...
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

こうやって無理にねじ込むから嫌われるのでは?😅😅😅

コメント