韓国、アメリカに必死に泣きつく

韓国高官が米商務長官らと面会 輸出管理措置撤回に協力求める

韓国政府の高官はアメリカでロス商務長官などと面会し、日本が韓国に対する輸出管理を厳しくした措置の撤回に向けて、協力を求めました。

韓国産業通商資源省の次官級のユ・ミョンヒ(兪明希)通商交渉本部長は25日までワシントンを訪問し、政府や議会、半導体業界の関係者などと相次いで面会し、日本政府が半導体の原材料などの韓国向けの輸出管理を厳しくしたことについて、韓国政府の立場を説明しました。

ユ通商交渉本部長はロス商務長官とも面会し、この中で日本がとった措置について「アメリカの産業や世界的な供給網にも影響を及ぼしかねない」と訴えました。

そのうえで「措置が速やかに撤回されるよう、アメリカとして必要な役割を果たしてほしい」と述べ、協力を求めました。

韓国産業通商資源省の発表によりますと、ロス商務長官は韓国側に共感を示したうえで、速やかに問題を解決することで一致し、可能な役割を果たす立場を示したということです。

韓国政府は、日本の輸出管理の強化をめぐって日本政府に求めている局長級の協議が実現しない中、今月の半ばにも大統領府や外務省の高官を相次いでワシントンに派遣するなどし、アメリカに協力を求める姿勢を強めています。

これに対しアメリカは、日韓関係のさらなる悪化を望まないとして、関係改善を後押しする姿勢を示していますが、本格的に仲介に乗り出す動きは見せていません。

韓国産業通商資源省のユ・ミョンヒ通商交渉本部長はアメリカ側との一連の面会で、日本の輸出管理の強化を受けてデジタル製品に欠かせない「DRAM」と呼ばれる半導体の価格が20%上昇するなどすでに影響が出ていると説明したということです。

韓国側の発表によりますと、これに関連してアメリカの半導体産業協会や全米製造業協会など6つの団体は連名で、事態に憂慮を示す書簡を日韓の両政府に出したということです。

書簡では、「不透明で一方的な政策の変更は供給網の崩壊や出荷の遅延につながりかねない」と指摘しています。

そのうえで「グローバルな情報通信技術産業や製造業への長期的な影響を避けるためにも、問題を速やかに解決するよう求める」としています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190726/k10012009621000.html

sakamobi
sakamobi

何故そこまで書類出すのを拒むの?😩😩😩

コメント