【領空侵犯】韓国空軍、島根県の空域で戦闘機による実弾射撃開始…テロ支援どころか戦争おっぱじめてしまう

島根 竹島付近 韓国がロシア軍機に警告射撃「領空を侵犯」

韓国軍は韓国が領有権を主張する島根県の竹島付近の空域でロシア軍機1機が「領空を侵犯した」として、戦闘機による警告射撃を実施したと発表しました。韓国政府は事態を受けてロシア政府に厳重に抗議したとしています。

韓国軍の合同参謀本部によりますと、23日午前9時9分と9時33分に、ロシア軍のA50早期警戒管制機1機が2度にわたって韓国が領有権を主張する島根県の竹島付近の空域で「領空を侵犯した」ということです。

これを受けて韓国空軍のF15K戦闘機とKF16戦闘機が緊急発進して警告射撃を実施し、1回目が80発余り、2回目が280発余り、合計で360発余りの実弾を発射したとしています。

この後、ロシア軍機は午前9時37分に「韓国の領空」から、そして9時56分には韓国の防空識別圏から出たということです。

またこれに先立って午前6時44分から9時4分の間に、中国軍のH6爆撃機2機が韓国の防空識別圏に入り、いったん圏外に出た後に日本海の上空でロシア軍のTU95爆撃機2機が合流して、合わせて4機で再び韓国の防空識別圏を通過したということです。

韓国軍によりますと、ロシア軍機が韓国が領空と主張する空域を侵犯したのは初めてで、韓国大統領府はロシア政府に対し「このような行為が繰り返される場合、はるかに強力な措置をとることになる」として、厳重に抗議したということです。

韓国外務省 中ロ大使を呼び抗議
韓国外務省のユン・スング(尹淳九)次官補は、23日午後、在韓ロシア大使館のボルコフ臨時代理大使を呼びました。

そして、「急きょ呼んだのは、厳重な抗議を伝え、再発防止を求めるためだ」と述べ、厳重に抗議しました。

ボルコフ臨時代理大使は、記者団の前では何も語らずに韓国外務省をあとにしました。

これに先立って、ユン次官補は韓国に駐在する中国の邱国洪大使を呼び、中国軍機が韓国の防空識別圏に進入したことについて、抗議しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190723/k10012004531000.html

 

sakamobi
sakamobi

>1回目が80発余り、2回目が280発余り、合計で360発余りの実弾を発射

日本の領空で何やってくれちゃってんの…😨😨😨

 

コメント