韓国海警、日本の排他的経済水域で漁船に移動を求め接近…海保が「要求は認められない」と漁船を保護する事態に

海保が韓国警備艦に申し入れ

新潟市にある第9管区海上保安本部によりますと、20日午後8時半ごろ、日本海のいわゆる大和堆周辺の日本のEEZ=排他的経済水域で、韓国海洋警察庁警備艦から根室市の漁協に所属する日本のいか釣り漁船に対して「操業をやめて海域を移動するよう」求める連絡が無線であったということです。
海上保安庁では、日本の漁船が操業できる海域であることから、巡視船から韓国の警備艦に対して「日本の漁船に対する要求は認められない」と無線で申し入れたということです。
しかし、韓国の警備艦が日本の漁船に接近したことから、巡視船は、日本の漁船を保護する対応をとったということで、その後、韓国の警備艦は日本漁船への接近をやめたということです。

エラー|NHKオンライン

EEZの漁船に韓国艦が移動要求

20日夜、日本海のEEZ=排他的経済水域で、韓国の海洋警察庁の警備艦が日本の漁船に対して操業をやめて移動するよう求めました。
現場の海域を管轄する新潟市の第9管区海上保安本部は、日本の漁船が操業できる海域だとして「要求は認められない」と韓国の警備艦に申し入れました。

第9管区海上保安本部によりますと、20日午後8時半ごろ、能登半島の西北西395キロの日本の排他的経済水域で、韓国の海洋警察庁の警備艦が根室市の根室漁協に所属するいか釣り漁船「第八十五若潮丸」に対して操業をやめて移動するよう無線で要請しました。
これに対し海上保安本部は、日韓漁業協定にもとづいて日本の漁船が操業できる海域だとして近くにいた巡視船から韓国の警備艦に「日本の漁船に対する要求は認められない」と無線で申し入れました。
しかし韓国の警備艦が日本の漁船に接近したことから巡視船は、接近を阻止するため日本の漁船と韓国の警備艦の間に入ったということです。
海上保安本部によりますと韓国の警備艦は日本の漁船から740メートルのところまで接近したということですがその後、現場を離れたということです。

エラー|NHKオンライン

日本の領海等概念図
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/JODC/ryokai/ryokai_setsuzoku.html

 

遠まわしな宣戦布告だろこれ…(;゚Д゚)

コメント