レーダー照射問題で韓国国防省が映像を公開し反論 韓国国防省「日本の映像を加工し公開する」

【簡単に説明すると】
・レーダー照射問題で日本が証拠映像を公開
・韓国が主張を変え反論
・1月3日になり反論映像を公開

韓国軍のレーダー照射問題で日本の防衛省が12月28日に映像を公開した。映像は約13分あり、射撃の際に使用する「火器管制レーダー」の照射を受けたと指摘。

それに対して今度は韓国国防省が反論の映像を公式YouTubeに公開。しかし肝心の映像には現場での映像は含まれていない。

公開が予定されているのは「국방부(国防総省) – ROK Ministry of National Defense」というチャンネル。韓国国防省は現在も映像を制作中で具体的な公開日は言及しなかったが、韓国メディアによると「今週中に公開出来るかどうかは名言を避け『なるべく早くするように努力する』」と報じている。

そしてここからが最新情報で、映像は韓国側が用意したものではなく、日本側が撮影し公開したものの原本映像を編集、加工すると発表。日本の防衛省が12月28日に映像を公開する前に送られてきた字幕の入っていない映像を韓国国防省が入手。それを反論の材料とし使用するようで、解説のCGや図、ハングルの字幕を入れて公開するようだ。

またハングルだけでなく、英語版も同時に公開予定で、動画は韓国国防省のYouTubeチャンネルに公開予定。

映像の内容は日本側が主張している追跡レーダー(STIR)が可動かどうかについて反論し、日本のP1哨戒機の低空飛行についても指摘する内容となっている。また映像は韓国語だけでなく英語版も別途公開予定となる。この英語版は日本に向けてではなく、アメリカなどのに向けた映像となる。

http://gogotsu.com/archives/46730

 

日本が出した映像を加工するってどういうこと?(;・∀・)

コメント