韓国、「放射能フリー弁当」を五輪選手団に提供 韓国からキムチなど持ち込み

スポンサーリンク

「放射能フリー弁当」五輪選手団に提供と韓国報道
キムチなど韓国から持ち込み、日本食材は検査

スポンサーリンク

東京オリンピックに出場する韓国の選手団のため、独自に設置された給食センターの運営が本格化し、韓国メディアは「放射能フリーのお弁当」を提供できるなどと伝えています。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。
韓国の給食センターは会場近隣のホテルを貸し切り、20日から本格的な運営が始まっています。

スポンサーリンク

韓国から派遣された調理師や栄養士ら16人が1日400個以上の弁当を作り、会場などに届けます。キムチなどは韓国から持ち込み、日本で調達する食材は放射性物質の検査を行います。

福島県産の食材への懸念による措置で、公共放送KBSテレビは「放射能フリーのお弁当」を提供できると意義を強調しています。

スポンサーリンク

また、独自の給食センター運営が日本で報じられていることについて、韓国メディアは2018年の平昌オリンピックで日本も独自に選手向けの食事施設をつくったことなどを挙げ反発しています。

https://toyokeizai.net/articles/-/442397?display=b

スポンサーリンク

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

国家レベルでこういうことやるあたりやっぱキチゲェだわ😱😱😱

コメント