【閲覧注意】韓国さん、水道水からヤバすぎる虫が発生

スポンサーリンク

韓国で水道水から「謎の幼虫」でパニック! 口に入れても繁殖しないというが… ミネラルウオーターもバカ売れ

スポンサーリンク

韓国・仁川(インチョン)地域で、水道水からえたいの知れない幼虫が出現していると苦情が相次いで寄せられた。謎の現象は全国へと拡大しており、ミネラルウオーターがバカ売れするというパニックまで起きたという。

スポンサーリンク

中央日報(日本語電子版)によれば、仁川市西区で7月9日、「水道水に幼虫がいるのが見える」という苦情が寄せられたことに端を発し、20日の同市の発表では166件もの苦情が寄せられた。さらには京畿道(キョンギド)や始興(シフン)、釜山(プサン)など全国各地で同様の被害が拡大している。一部の学校では給食を中止しているという。

スポンサーリンク

住民からは「シャワーフィルターには、幼虫の死骸があちこちにあった」「妊娠した妻と赤ん坊がこんなに汚れた水を口にして生活していたと考えると、血が逆流しそうだ」などの声が挙がる赤い小さな幼虫。正体は、ユスリカという蚊に似た昆虫で、当局は無害と説明し、水道水市民ネットワークは口に入れても体内で繁殖することはないとしている。

スポンサーリンク

とはいえ、大手スーパーではシャワーフィルターの売り上げが約10倍へと急増し、ミネラルウオーターの売り上げも約30%伸びたという。

丁世均(チョン・セギュン)首相は調査を指示したが、原因究明は苦戦を強いられているようだ。仁川市は浄水場の活性炭濾過(ろか)池から発生した幼虫と家庭から出たものが同じだと確認したものの、発生源を明らかにしていない。

スポンサーリンク

中央日報はコラムで同時に稼働すべきだったオゾン消毒施設が稼働しておらず、施設を運営・管理する人員不足を指摘した。

韓国事情に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「韓国の水道は、日本のように衛生的ではない。富裕層はミネラルウオーターを買い、普通の家庭でも煮沸してから飲料するため、濁った水や異臭があることもしばしばだ」とし、原因究明は「長引く可能性もあるだろう」と指摘した。

https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/200808/for2008080001-s1.html

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

アイツら虫下し飲んでるんだから大丈夫だろ。
観光で行ってる外国人は知らんけど😱😱😱

コメント