河野太郎が語る農業「人が寝ててもロボットやAIにやってもらう。夜真っ暗でも、GPSなり何なりで動かすことができる」

スポンサーリンク

「人が寝ててもロボットやAIで」 河野氏が語る農業

スポンサーリンク

河野太郎行政改革相は、福島・東北の復興関係者とオンラインで意見交換し、農業など1次産業について「無人化の技術が大事になる。(人が)寝ててもできるものは、もうロボットやAI(人工知能)にやってもらう。ロボットだったら、別に夜真っ暗でも、GPSなり何なりで、(農機具を)動かすことはできる」と述べた。

さらに、河野氏は「1人でそれを回すことができれば所得も増える。技術開発に国はもっと力を入れていかなければいけない」と語った。

【詳報】自民党総裁選、告示日以降の4候補者の動きをまとめ読み:朝日新聞デジタル
 自民党総裁選が17日、告示されました。現総裁の菅義偉首相の後任を争い、河野太郎行政改革相(58)、岸田文雄前政調会長(64)、高市早苗前総務相(60)、野田聖子幹事長代行(61)が立候補を届け出まし…
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

農業の工業化やね。実際これはもう進んでいるし、実現は間違いない😉😉😉

コメント