河野太郎外相がピカチュウとキティのキャラ特使任命の様子をツイートしたところ海外で大好評に

ピカチュウ & キティちゃん特使が「すごいこと」に 河野大臣ツイッター英語版が記録的反響

河野太郎外相のツイッターが国外で大反響だ。政府が大阪への誘致を目指している2025年の国際博覧会(万博)について、アニメ「ポケットモンスター」のキャラクターと「ハローキティ」を「誘致キャラクター特使」に任命し、その様子をツイッターに公開したところ、「日本に行きたい」「かわいい」といった声が続出している。

河野氏は日本語アカウントと英語アカウントの両方を持っているが、リツイート(拡散)や「いいね」は英語版の書き込みの方がひと桁違うほど多い。河野氏はこういった状況に、両キャラクターの「世界的な人気なんだろうな」と感心していた。

日本語版のフォロワーは英語版の50倍以上なのに

「キャラ特使」の就任式が17年11月28日に外務省で行われ、河野氏は就任要請書をピカチュウとハローキティに手渡した。両キャラは、国外での誘致プレゼンテーションや関連グッズに登場する見通しだ。

就任式の様子は同日夜、写真つきで河野氏の日本語版ツイッターに投稿され、翌29日には英語版にも投稿された。

河野氏の日本語アカウントは33万人以上のフォロワー(読者)がいるのに対して、英語版は6300人。フォロワー数だけでみれば日本語版は英語版に比べると50倍以上の影響力があるはずだが、この就任式の投稿に限れば全く逆だった。

日本語の投稿は12月1日午後の時点で3800回リツイートされ、600件の「いいね」がついている。これに対して英語版の書き込みは3万5000回リツイートされ、7万7000件の「いいね」がついた。

ピカチュウ & キティちゃん特使が「すごいこと」に 河野大臣ツイッター英語版が記録的反響
河野太郎外相のツイッターが国外で大反響だ。政府が大阪への誘致を目指している2025年の国際博覧会(万博)について、アニメ「ポケットモンスター」のキャラクターと「ハローキティ」を「誘致キャラクター特使」に任命し、その様子をツイッターに公開したところ、「日本に行きたい」「かわいい」といった声が続出している。

キティちゃんデカくて草

コメント