sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

「コナンの名前を使ってPRしているのだから賠償金3兆円を要求する」 → 北栄町長が3兆円と書かれた偽物の小切手を手渡す

   

人気漫画「名探偵コナン」の作者の出身地・北栄町に、名前が同じことをきっかけに町とSNSなどを通じて冗談の言い合いを続けてきた、アメリカのトーク番組の司会者、コナン・オブライエンさんが訪れ町の人たちとの交流を楽しみました。

コナン・オブライエンさんは、自身が司会を務めるトーク番組で、「名探偵コナン」を全面に押し出して町おこしをしている北栄町について「インターネットでコナンと検索すると、日本だけは漫画のコナンが一番にヒットする。コナンの名前を使って、PRしているのだから賠償金3兆円を要求する」とアメリカンジョークで発言しました。
これに対して、北栄町の松本昭夫町長が町のフェイスブックで、「お金が欲しければ直接来て、町民分のハンバーガーを持って来なさい」とメッセージを送るなどSNSを通じて冗談の言い合いが続いていました。
きょうは、コナンさんが、町長の求めに応じて、北栄町を訪れ、町役場で松本町長との対面を果たしました。
松本町長はコナンさんに3兆円と書かれた偽物の小切手を手渡し、「一日町長」にも任命しました。
このあと、コナンさんは「コナン駅」として知られるJR由良駅前で町民たちにハンバーガー1000個を振る舞い、大勢の人でにぎわいました。
松本町長は「気さくでとてもいい方だった。これからアメリカでも町をPRしてもらえると期待したい」と話していました。
コナンさんは、「町長をはじめ、人も町もとても魅力的だし、ユーモアのセンスもある。これをきっかけに友好関係を築いていきたい」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20180906/4040001181.html

 

本当に来てて草

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能