sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

小室圭、本人が男性に直接返済を拒否していた「あっ、すみません。返すというか、贈与なので」

   

【驚愕】眞子さまの婚約者、小室圭さまで打線組んだ

眞子さまの婚約者、小室さんの母親の元婚約者が激白「圭君は私に(借金を)贈与と明言した」〈週刊朝日〉

眞子さまとの婚約が延期になった小室圭さん。その背景にあると言われるのが小室さんの母親、佳代さんが元婚約者の60代男性から「借りた」とされる400万円を巡る“金銭トラブル”だ。インタビューに応じた元婚約者の男性によると、2013年、母佳代さんと圭さんが男性宅を訪ねてきた。2人は(お金を)返してほしいと懇願する男性の言葉を遮り、こう言ったという。「贈与だと思っています」。

このやり取りから間もない同年12月、圭さんは眞子さまにプロポーズをした。小室さん親子と男性が最後の話し合いをした決定的場面。元婚約者の男性が、その一部始終を赤裸々に語った。

*  *  *
私が小室圭君の母、佳代さんと婚約を破棄したのは、2012年9月です。でも、それから1年経っても、私が佳代さんの口座に振り込んだ約400万円は返ってくる気配もない。生活もそう潤沢なわけではないので、佳代さんにお金を返してほしい旨の手紙を送りましたが、返事はない。3~4日すると圭君が何事もなかったかのように、僕の家に来ました。何かを届けにきたのだと記憶しています。そこで、「手紙を読んだ?」と尋ねると、圭君は、「何を今更」というような、これまで一度も見たことのない嫌な顔をしました。

圭君が帰った日の午後11時ごろ、佳代さんから、うちの圭に何を言ったんだ、とすごい剣幕で電話がかかってきました。

「圭から聞きました。いったい何ですか。お金はもらったものです」と言い切るので、私が貸したものですから返してくださいと言うと、「仮に返せても月に1万円しか返せませんよ」と。じゃあ、返す意思はあるんだなと思いましたが、月1万円では年12万円、10年で120万円です。私が生きている間に返ってくるかわからないですよね。

それから1週間後に、佳代さんと圭さんが私の自宅を訪ねてきました。

「私たちも弁護士と相談しました。まずこの手紙を読んでください」と、A4のコピー用紙に印字した文書を差し出してきました。そこには、お金は贈与を受けたものであって返す義務はないこと、一方的な婚約破棄で精神的に傷を負っていること、謝罪も保証も無い、と400万円を返さない理由について、抗議とともに書かれていました。冒頭には婚約者であった私の名前がありましたが、間違えていました。日付もなく、小室とサインしてあるだけのものでした。

すべて玄関先での立ち話です。私が、納得するかは別問題なので……、と話しましたが、佳代さんは笑いを含んだ口調でこう返してきました。

「ごめんなさい。納得と言うか、あの一応、答えはこういうことですので」。私も生活に困っていますから、僕の懐からお金がそちらに移ったのは間違いないことですし、一方的に婚約破棄となりましたが、一応は理由があって婚約を解消したことです、と説明しました。しかし彼女は「でも理由がはっきりしない」、と婚約解消の理由にこだわり続けました。この2年間、金銭的な無心ばかりを私に続け、出かけるときのアッシー代わりにし続けたことは思いあたらなかったのでしょうか。

「でも、返す意思はない、と?」と私が佳代さんにあらためて確認をすると、圭君が割り込むように口を挟んできました。

「あっ、すみません。返すというか、贈与を受けていると認識しておりますので」、と。

非常にはっきりとした口調でした。私は、この400万円を超えるお金を、「差し上げます」と言った覚えは一度もないこと、婚約中とはいえ所帯は別々だからお金の貸し借りという概念は生ずる、と必死に訴えました。

しかし、佳代さんは正当性を主張し、自身の窮状をこう訴えました。

「『最初から、返していただくつもりはございません』とおっしゃってあの時にくださったので一応、一方的な婚約破棄というのを含めましてこちらも納得させていただいたんです」と。

私が婚約破棄をしたために、将来が不安定になると繰り返すばかりでした。

私を好きだったという言葉は、2年間の婚約期間の間も、このときも一度も聞くことはできませんでした。

私は弁護士に相談してから返事する、と話を打ち切りました。話題を変えようと、圭さんの就職活動について尋ねました。圭君が「なかなか難しいですね」と答えたので、励まそうと、「圭君ならば、いいところへ就職するんじゃないの? 圭君ならば大丈夫」と声をかけました。すると佳代さんは「圭は大丈夫ですが、私には関係ないことです。圭の人生なので」と慌てたように遮ってきました。まるで圭さんが返済とは無関係だと強調しているようにも聞こえます。

私が振りこんだ400万円は、圭君の大学の入学金や授業料、留学のお金なのですが……。

佳代さんは圭君の就職の話を切りあげ、生活の困窮ぶりについて話を戻しました。「私も一応、婚約という形を考えておりましたので、将来が不安定になります。私も仕事がいつクビになってもおかしくない状態で、にっちもさっちもいかない。婚約が破棄になりましたのでいろんなことを考えていかなければいけないのです。女がひとりで生きて行くのは難しい状況なのです」、と。

彼女はこうも言いました。「私にも他に求婚してくれた人がいました。でも断ったんです」と。

2010年から2年余りの婚約期間でしたが、ふたりで出かけたのは、数えるほどです。必ずと言っていいほど圭君がそばにいました。恋人らしい思い出は、青山のバーに誘ったときに駅から数分、手をつないだぐらいです。佳代さんは婚約の破棄による不利益を主張し続けましたが、私が思い描いていた婚約関係とはだいぶ違いました。

私は、決してお金が余っているわけではありません。愛車だった英国車、それに2017年12月には自宅マンションを売却しました。あの400万円があれば手放さなくてもよかったのに、と今でも思います。400万円の報道がいくつもなされましたが、小室家からはいまだに連絡はありません。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180219-00000070-sasahi-soci

最近のマスコミの小室叩きはちょっと異様なレベル。書かせてるのが宮内庁だったら笑えるな(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能