小室圭さんのお母様、亡夫の実家との遺産相続交渉を元反社会的勢力の男性に依頼していたと話題に

小室圭さん、NYでセレブ生活 母・佳代さんはひきこもり状態

秋はニューヨークが最も美しい季節といわれる。晴れ上がった空、冷たく澄んだ風、舞い散る木の葉。まるで絵画のようなフォーダム大学ロースクールのキャンパスの中庭を11月上旬の平日朝9時ちょっと前、1人の日本人男性が駆けるように早足で歩いていた。

秋篠宮家の長女・眞子さま(27才)との婚約が延期となった小室圭さん(27才)だった。黒いジャケットに黒いパンツというシックな服装。大きめの黒いビジネスバッグは、東京の法律事務所にパラリーガルとして勤務していた頃にいつも持っていたものと同じだ。

すれ違った学友と笑顔で挨拶を交わすと、シティーホテルのようなスタイリッシュな外観の建物へと消えていった。

「マッケオン」と名づけられたその高層ビルの低層階は大学の教室で、高層階には学生寮が入る。いたるところに大小の絵画やオブジェが飾られ、高い天井とらせん階段とガラス張りの廊下。眼下にニューヨーク屈指の複合文化施設「リンカーンセンター」を見下ろす高層階にある寮の一室で、小室さんは寄宿生活を送っている。

その日、2階の大ホールには世界中の法律の専門家が集まり、「国際的な調停」に関する学術会議が開かれていた。

小室さんもその出席者の1人だった。彼の横には、教授と思しき初老の外国人男性。ランチタイムになると、そのままダイニングルームへ移動し、流暢な英語を駆使し、笑顔で会話をしながら昼食をとっていた──。

フォーダム大学は、トランプ大統領(72才)らを輩出した、全米でも屈指のセレブ大学だ。小室さんのように3年間学ぶには、学費や寄宿生活費用を含め、3000万円ほどかかるとされる。

「大学がわざわざホームページで“プリンセス・マコのフィアンセ”と小室さんの入学を紹介し、VIP待遇での留学生活です。年間700万円ほどの学費は、200人ほどの留学生の中から1人だけ選ばれる奨学金で支払った。日本の弁護士資格も持たず、大学で法律の勉強もしたことのない小室さんをニューヨーク州の弁護士試験に合格させるため、大学側はマンツーマンで教授の指導を受けさせているそうです。これで小室さんが合格したら、大学の評価が上がると考えているのでしょう」(外務省関係者)

授業開始は朝9時。1コマ3時間近いものもあり、終業は夜9時頃。大半は「マッケオン」の3、4階の教室で行われる。勉強の合間にはキャンパス内にあるトレーニングジムで汗を流すこともあるようだ。

「夜には街に出て同級生と食事をしたり、たまに、ニューヨークの社交界で活躍する日本人ビジネスマンの集まりに顔を出すこともあるそうです」(在米ジャーナリスト)

◆母親の現状

「天皇の孫の婚約内定者」という立場のコネクションをフルに使って、セレブ留学生活を満喫する小室さん。その一方で、小室さんの渡米後、母親の佳代さんの姿が“消えた”のは、本誌・女性セブンが報じてきた通りだ。現在は、横浜市内の自宅で引きこもるように暮らしているようだ。

「姿は見ませんが、インターホン越しには、佳代さんの声で応対があります。ただ、玄関先に出てくるのは決まって、佳代さんの父親。佳代さんは一切外に出ずに暮らしているようです」(近所の人)

小室さんの学費などで400万円を小室家に貸しているという、佳代さんの元婚約者の男性が語る。

「今も返済に関して、小室家からは何の連絡もありません。彼女はじっとして、嵐が過ぎ去るのを待っているのでしょう。“劇場型”の性格なので、今は悲劇のヒロインのような気分でいると思います」

他にも佳代さんをよく知る人物はこう語る。

「佳代さんは、かつて反社会的勢力に属していた男性に、亡くなった夫の実家との交渉を依頼したことがあります。その内容は、“圭くんに祖父の遺産を渡すよう頼んでほしい”というもの。その男性は、佳代さんの“お金がなくて困っている”“夫の実家が薄情だ”という涙を見て、協力したようですが、交渉が済んだ途端に、お礼もなく縁を切られたそうです」

小室圭さん、NYでセレブ生活 母・佳代さんはひきこもり状態
 秋はニューヨークが最も美しい季節といわれる。晴れ上がった空、冷たく澄んだ風、舞い散る木の葉。まるで絵画のようなフォーダム大学ロースクールのキャンパスの中庭を11月上旬の平日朝9時ち…

 

こんなの一般家庭から見ても地雷案件だよな…(;・∀・)

コメント