国民民主党、支持率が「マイナス」に

国民民主党、支持率が「マイナス」に

【本社・FNN合同世論調査】結党で支持者離れ… 国民民主党、支持率は「マイナス」に

合流はプラスではなくマイナスに-。産経新聞社とFNNの合同世論調査では、旧民進党と旧希望の党が合流して発足した国民民主党の支持率は1・0%にとどまり、4月に調査した旧2党支持率の合計値を1・9ポイントも下回った。新党結成は支持離れを招く皮肉な結果が出た。

国民民主党に期待するかを尋ねた設問で、「期待する」は19・0%、「期待しない」が75・2%に達した。

他の報道機関の世論調査でも、支持率は4月に調査した合流前2党の合計を軒並み下回った。朝日新聞(19、20日)と読売新聞(18~20日)の支持率はいずれも1ポイント減で、それぞれ1%と2%。TBS系のJNN(12、13日)は2・1ポイント減の0・8%だった。

国民民主党の玉木雄一郎共同代表は21日の記者会見で「選挙をしていない以上、認知度に限界がある」と分析した。だが、2つの政党が合併したのに、合併後の政党支持率が「足し算」にはならず「引き算」になってしまったことの説明にはなっていない。

旧2党支持層が新党を敬遠する構図は、合流の過程で多くの議員が参加を拒んだ経緯とまさに重なる。

国民民主党は、基本政策の中で安全保障法制に関し「違憲と指摘される部分を白紙撤回することを含め、必要な見直しを行う」と玉虫色の表現にした。何が違憲かを明確に示さないことで、多様な立場の議員を取り込むことを狙ったのだ。

だが、保守系議員は「白紙撤回」の記述に反発し、安保法制に批判的な議員は表現のあいまいさに不満を抱いた。その結果、旧2党所属議員107人のうち新党参加は62人にとどまり、支持率と同様に「引き算」を見せつけた。

他の主要野党も手詰まり感が漂う。産経新聞社とFNNの調査では、国会審議で重点を置くべき課題として、森友・加計両学園問題か他の政策問題かを尋ねると、立憲民主党支持者はともに45・8%で並び、共産党支持者だと39・4%と54・5%、国民民主党になると10・0%と60・0%だった。(松本学)

【本社・FNN合同世論調査】結党で支持者離れ… 国民民主党、支持率は「マイナス」に
合流はプラスではなくマイナスに-。産経新聞社とFNNの合同世論調査では、旧民進党と旧希望の党が合流して発足した国民民主党の支持率は1・0%にとどまり、4月に調査…

 

支持率がマイナスってどういうこと?と思ったら、新党結成前の旧2党の支持率の合計値を下回ったってことね(;・∀・)

コメント