【悲報】黒人俳優300人「白人主役の作品を減らして黒人主役の作品をもっと作れ。警察視点の作品も作るの止めろ」

スポンサーリンク

警察視点の作品やめて黒人の物語を 米著名俳優ら300人超が連名で公開書簡

スポンサーリンク

米ハリウッドのエンターテインメント業界に対し、『ブラック・パンサー』出演俳優のマイケル・B・ジョーダンさん、「マイティ・ソー」シリーズのイドリス・エルバさん、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』のヴィオラ・デイヴィスさんら、300人以上の黒人俳優らが公開書簡を送り、警察への投資を引き上げ、黒人コミュニティーに投資するよう求めている。

スポンサーリンク

この書簡を最初に書いたのは、ドラマ「インセキュア」の出演俳優ケンドリック・サンプソンさんだ。サンプソンさん自身は、黒人に差別的な警察の残虐行為に抗議する米ロサンゼルスでのデモの最中に警官に警棒で殴られ、ゴム弾で7発撃たれた経験がある。連名で署名しているのは、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』でも知られる女優のテッサ・トンプソンさん、「Black Lives Matter(黒人の命は大切)」運動の共同創設者パトリス・カラーズさんとメリナ・アブドゥラさんら。他には冒頭の3人以外に、『ブラック・パンサー』のチャドウィック・ボーズマンさん、ダナイ・グリラさん、『ドリーム』や『シェイプ・オブ・ウォーター』のオクタヴィア・スペンサーさん、女優で歌手のシンシア・エリヴォさん、「POSE/ポーズ」のビリー・ポーターさんらがいる。

スポンサーリンク

書簡はエンターテインメント業界に対して、白人の物語や警察の視点ばかりを取り上げるのをやめ、黒人の人々が持つ才能やキャリア、黒人を主役とした話を取り上げ、黒人に関心を向けるよう要求している。

スポンサーリンク

さらに過去と現在において、警察の視点による作品を数多く世の中に送り出して「警察による暴力のまん延と黒人に差別的な文化」を奨励してきたとして、エンターテインメント業界を非難。「黒人を犯罪者扱いし、法制度を歪曲して、警察の腐敗と暴力を美化することにハリウッドや主要メディアが加担してきたことで、黒人の命が奪われる恐ろしい結果をもたらしている」と述べ、ハリウッドで生み出される作品の影響が、ミネアポリスの白人警官が黒人のジョージ・フロイドさんを死に至らしめる事態につながったと主張している。

スポンサーリンク

また、長年、映画やテレビ番組でトランスジェンダー嫌悪を描いてきたことが、警官による殺害事例の犠牲者、フロリダ州のトニー・マクデイドさん、ミズーリ州のニナ・ポップさん、ペンシルベニア州フィラデルフィアのドミニク・フェリスさん、オハイオ州のリア・ミルトンさんを相次いで生んだとしている。

スポンサーリンク

今回の公開書簡に先立ち6月中旬には、「自由を求める黒人アーティスト(Black Artists for Freedom)」という団体が類似の声明を公開。署名したコメディアンのトレバー・ノアさん、エヴァ・デュヴァネイ監督、歌手のジョン・レジェンドさんら1000人以上はハリウッドに対し、アートとエンターテインメントにおける人種的不平等を終わらせ、「警察との関係を断ち切る」よう求めた。

スポンサーリンク

「黒人が語る貴重な機会を手にしても白人の視点が取り入れられる」
米カリフォルニア州ビバリーヒルズで行われた反人種差別運動「Black Lives Matter(黒人の命は大切)」のデモ行進に参加した俳優のマイケル・B・ジョーダンさん(中央、2020年6月6日撮影)

スポンサーリンク

今回公開された書簡は、制作現場での組織的な不平等に対しても説明責任を求めている。ここで言う不平等には例えば、エージェントの管理団体が「黒人の代理人を採用せず、採用しても雇い続けず、支援しない」こと、業界の組合が差別に向き合わず、黒人スタッフを採用しないこと、映画やテレビの制作会社の経営陣に黒人が一切またはほとんどいないこと、「黒人が主役の作品は世界的な興行収入が伸びず、普遍性に欠けるという誤った通念」を基に、マーケティング予算が削られるか十分に割り当てられない実態などがある。

スポンサーリンク

「黒人の物語は普遍性に欠けるとしながら、白人は世界人口における人種の割合で最少であるにもかかわらず、白人を扱った話は世界中で普遍的なものと見なされている」と書簡は述べている。さらに、マーベル作品『ブラックパンサー』やメリーナ・マツーカス監督の映画『Queen & Slim』のように最近ヒットした作品はあるが、それでも、「私たち黒人が自分の物語を語ることができる貴重な機会を手にしても、大抵、白人の視点が取り入れられて台無しにされ、フィルターにかけられ、改ざんされてしまう」としている。

スポンサーリンク

今回の要請に先立ち、ヴィオラ・デイヴィスさん、ブロードウェー・ミュージカル「ハミルトン」のリンマヌエル・ミランダさん、『ムーンライト』のアンドレ・ホランドさん、ピュリツァー賞受賞者のリン・ノテージさんら300人以上の俳優、舞台関係者は、米国の舞台における「白人の脆弱(ぜいじゃく)性」(白人の特権や優位性に関する話題になると白人が自己防衛すること)を正すよう公開書簡で要求。白人中心の物語を優先している点や、業界の幹部や人材養成プログラム、キャスティング担当者に多様性が欠如している点を非難し、「あなたたちは全員、白人の脆弱性と白人至上主義の上に建てられた砂の城の一部だ」「その城が今後も立ち続けることはないだろう」としている。

スポンサーリンク

ハリウッドに宛てた今回の公開書簡に署名した人物は他に、テレビドラマ「ブラッキッシュ」の出演俳優ヤラ・シャヒディさん、『それでも夜は明ける』のアルフレ・ウッダードさん、『Queen & Slim』に出演のジョディ・ターナースミスさん、コメディアンで女優のティファニー・ハディッシュさん、「THIS IS US 」のスターリング・K・ブラウンさん、『ドリーム』や「Empire 成功の代償」のタラジ・P・ヘンソンさんらがいる。

スポンサーリンク

書簡は、エンターテインメント業界に対し、自分たちが生み出す作品の影響力に注意を払い、責任を負うよう求め、その理由として、「ハリウッドは、黒人の命を肯定する物語を白人に支配・抑圧させることで、直接的・間接的に、私たち黒人の社会に危害と抑圧を加えてきた」ことを挙げている。

スポンサーリンク

5月に発生したフロイドさん殺害事件以来、全米では警察の残虐行為や黒人差別に抗議するデモが広がっているが、書簡は、そうした場で上がっている声と同じく、「警察への投資を引き上げる。黒人に差別的なコンテンツを取りやめる。黒人のキャリアに投資する。人種差別に反対するコンテンツに投資する。黒人のコミュニティーに投資する」 という5点を要求している。

スポンサーリンク

「ガーディアン」とは:
1821年創刊。デーリー・テレグラフ、タイムズなどと並ぶ英国を代表する高級朝刊紙。2014年ピュリツァー賞の公益部門金賞を受賞。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9119117f5ae430b845afcc0f08ab7e3b4e10ab07

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

自分たちで作り出せよ😩😩😩

コメント