【悲報】こじるりさん、終わりの始まり。

スポンサーリンク

【悲報】こじるり、剛力カップルにどん引き

小島瑠璃子、テレビ各局が起用自粛の動き…事務所も制御不能、“略奪愛&四角関係”騒動

スポンサーリンク

人気漫画『キングダム』(集英社)の作者・原泰久氏とタレント・小島瑠璃子の交際が注目されるなか、8月27日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、原氏が小島とは別の元女性アイドル・Aさんと不倫関係にあったと報じられた。

スポンサーリンク

原氏は2006年に結婚し3人の子供に恵まれるが、今月24日付「週刊女性PRIME」の取材に対し原氏の実兄は「弟が離婚したのは昨年の冬」と明かしている。そして離婚の理由の一つとして取り沙汰されているのが、Aさんとの不倫だ。「文春」によれば、Aさんと原氏の交際は原氏が元妻との婚姻中に始まり、期間は2年ほど。結婚を見据えた本気の交際で、そのためAさんは今年芸能界を引退したが、原氏の心変わりによって結婚の話は白紙になったという。

一方の小島は、世間から“略奪愛”“不倫だったのでは”などと批判を浴びているが、芸能界関係者は語る。

スポンサーリンク

「小島は“不倫”と騒ぎ立てられていたと思えば、今度はAさんの登場で“四角関係”報道まで出て、かなり腹を立てているというか動揺しているようで、周囲には『“略奪には変わりない”って、なんでまだ私なの……』『Aさんなんて知らないし……』などとこぼしているみたいです。SNS上などで寄せられる誹謗中傷に対して注意喚起をする程度で様子見の状態ですが、いまだに批判が不倫をしていたAさんではなく自分に来ることには、納得いかないようです。

スポンサーリンク

小島本人も、今の芸能界で不倫をしたらどうなるかぐらいわかっていますし、不倫をしていたAさんと比べられるのは、さすがにムカついたんでしょうね。ラジオでも堂々と交際宣言したのは、やましいことがないことを強調したかったのではないでしょうか」

小島は原氏について「人格者」と表現してはばからなかったが、その原氏が別の女性と不倫をしていた事実を受け入れることができるのだろうか。

スポンサーリンク

「小島は4月から中国に移住する予定だったものの、新型コロナの影響で見送りとなったことを明かしていましたが、移住した後に中国の歴史に詳しい原氏と旅行するのを、とても楽しみにしていたようです。なので“早くコロナ終わらないかなぁ”と待ちわびていた様子でしたが、Aさんとの件が出て、今はどういう心境なのでしょうか」(業界関係者)

スポンサーリンク

“第二のベッキー”状態?
気になるのが今後の小島をめぐる動きだが――。

「(小島が所属する)ホリプロとしては“とんでもない男にひっかかった”という思いで、別れさせたいのは山々でしょうけれど、かといって自分の考えをしっかりと持つ小島だけに、無理やり別れさせようとして小島の機嫌を損ねるわけにもいかず、ホリプロとしてもコントロール不能という状況のようです。

スポンサーリンク

小島サイドが気にしているのは、原氏の元妻の動きです。小島と原氏が初めて対面したのが昨年1月放送の『世界ふしぎ発見!』(TBS系)で、同年の末までに原氏は離婚。そして今年8月には仲睦まじくデートしたりお泊りする様子がキャッチされ、堂々の交際宣言まで飛び出したわけですが、たとえ正式に交際が始まったのが離婚成立後だったとしても、もし元妻が“小島に夫を略奪された”と感じて今後週刊誌などで訴えでもすれば、時系列的な事実からも完全に否定するのは難しくなる。

スポンサーリンク

そうなれば小島は“第二のベッキー”状態となる。こうした事情もあり、レギュラー番組は別としても、テレビ各局は新規での小島の起用を見合わせるムードです」(テレビ局関係者)

コロナ禍が長引き中国移住が断念せざるを得なくなり、国内でも仕事が減り、さらには原氏との関係もうまくいかないという“三重苦”にだけは、陥ってほしくないと願うばかりである。

https://biz-journal.jp/2020/08/post_176875.html

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

なんのスキルも後ろ楯もない数会わせタレントの末路😨😨😨

コメント