小島監督「銀行に行っても『実績がない』と言われてお金を貸してくれなかった。日本はそういう国。」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小島 いまから3年9ヵ月前に独立して、そのとき53歳だったんです。
もう引退すべき歳じゃないですか。
家族にも反対されました。53のおっさんが、お金もない、何もない、たったひとり、オープンワールドのゲームを作ろうとしている。
メディアも同業者もボロカスでした。絶対にうまくいかないと。
その理由は、世界で有名なゲームデザイナーが独立しても、誰ひとりとして成功していなかったからです。

──事務所探し、スタッフ集め、ゲームエンジン選び、すべて同時進行でしたね。

小島 銀行に行っても、お金を貸してくれないんですよ。「小島さんの名声はわかりますが、実績がない」と。
日本はそういう国なんです。
そうしたら、いちばん大きな銀行の役員が僕の熱烈なファンで、融資してくれたんです。

──ここにもつながりが!

小島 事務所についても、参加するスタッフの家族に安心してもらえるように、なるべくいいビルがいいわけです。
そこでも、だいたいいいビルでは入居するのに審査があって、「コジマプロダクションって何?」とか言われてしまう。そんな中で、いまのビルの役員が僕のファンで、入居することができたんです。
そうしたつながりでゲームを作ってきたんですけど、いまの自分があるのはKONAMIでの30年間があってこそです。
KONAMIには感謝していますし、そのつながりは否定できないんです。

https://s.famitsu.com/news/201910/09184726.html

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

日本にかぎらず納期守らない奴には貸せんやろ😂😂😂

コメント