sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

亡くなった水木しげる先生の名言「幸福の七か条」がインターネット上で話題

   

亡くなった水木しげる先生の名言「幸福の七か条」がインターネット上で話題

著名な漫画家であり、文化功労者でもある水木しげる先生。2015年11月30日に93歳で亡くなられるまで、素晴らしい作品で多くの人たちに楽しみを与えてきた人物だ。ときおり、インターネット上に元気な水木先生の写真が掲載されることもあり、多くのファンが歓喜していた。特にマクドナルドのハンバーガーを美味しそうに食べる水木先生の姿は、「まるで若者のようにガッツリ食べてて凄い!」と大きな反響を呼んだ。

・自分の人生を通して得た経験
そんな水木先生が残した、「幸福の七か条」がインターネット上で話題となっている。これは水木先生が自分の人生を通して得た経験を言葉にしたもので、多くの人たちが共感し、感動しているのだ。以下が、水木先生の名言「幸福の七か条」である。

・水木しげる先生の名言「幸福の七か条」
1. 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
2. しないではいられないことをし続けなさい。
3. 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追求すべし。
4. 好きの力を信じる。
5. 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
6. 怠け者になりなさい。
7. 目には見えない世界を信じる。

・あくまで自分の楽しさを追求すべし
確かに、水木先生が描く漫画は極めて繊細で、徹底した描き込みとストーリー設定が評価された。「好きの力」を信じて、「しないではいられないこと」をし続けた結果なのだろう。やりたいことが見つからない、好きでもないことを続けている、そんな人は多いと思う。そんか、「あくまで自分の楽しさを追求すべし」という言葉に背中を押してもらったインターネットユーザーは少なくないようだ。

・幽霊や妖怪ともいえるパワー
亡くなられた後も世の中に大きな影響を与え続ける水木先生。まさにそれこそ、幽霊や妖怪ともいえるパワーなのではないだろうか。

http://buzz-plus.com/article/2016/02/21/mizuki-shigeru-shiawase/

 - ニュース, ネット