ドイツのレストラン「夕食時には子供連れを拒否する」方針が波紋を呼ぶ

ドイツのレストランがディナーには「子供連れ禁止」の方針を断行

<記事訳>

レストラン「Oma’s Küche(おばあちゃんのキッチン)」がディナータイムに14歳以下の子供連れの来店を拒否する方針を打ち出したためドイツで波紋を呼んでいます。

レストラン店主のRudolf Marklはこれはずっと前から考えていたことだと語りました。

「私達は『もうこのままではだめだ』という段階まで来てしまったのです」とDPAニュースに語りました。

Marklによれば決定的だったのは躾のなってない子供たちがレストランの内装に損害を与えたことだそうです。

それよりもずっと以前から、親が見ている前で子供たちが他のお客に迷惑をかけたり、テーブルクロスを引っ張ったり、ワイングラスを投げつけたりしていることに彼は不満を溜め続けていました。

その子供たちの親は「子供たちのその振る舞いを笑ってみてるだけで何もせず食べ続けている」だけだと彼は言います。

Marklは午後五時以降に子供連れの来店を認めないのは子供たちに対してというよりは「子供達を躾けることのできない」愚かな親をターゲットにしたものだとDPAニュースの記者に語りました。

German restaurant imposes ‘no children allowed’ dinner policy

reddit.com/r/worldnews/comments/982fiu/german_restaurant_imposes_no_children_allowed/

 

別にいいと思うけど。高級レストランは雰囲気込みで料金取ってるし、本来は客の側が配慮するべきだけど配慮のない客がいるなら店側が客を選別するしかない。また店にも客を選ぶ権利はある。

コメント