【正論】こどおじ、賃貸おじを完全論破

スポンサーリンク

実家ぐらしの男はモテない?「実家出ない宣言」して貯金500万円の20代が反論

スポンサーリンク

「コスパで考えて、実家を出る意味がまったく分からない。一人暮らしをする意味ってあるんですか?」

こう語るのは藤田大典さん(26歳・仮名)。彼は現在、埼玉県にある浦和の実家から、都内の企業に通勤しています。「一人暮らしといえば、誰しも一度は通る道」と勝手に思っていた筆者ですが、昨今の若者の考えは少し違うようです。

スポンサーリンク

何よりもコスパ重視

生まれも育ちも埼玉県だという藤田さん。小学生に入るとき、今の実家である浦和の一軒家に引っ越しました。それ以来約20年間、同じ場所に住んでいるということになります。「実家を出よう」と、少しでも思ったことはないのでしょうか。

「まったくありません。大学は都内に通学していましたけど、ウチから30分ほどの場所でしたから、一人暮らしの選択がなかった。会社も同じく約30分。別に実家から近い企業に絞って就活をしたわけではないですが、たまたま決まった会社がそういうところだったんで、ずっと実家にいます」

スポンサーリンク

JR上野駅まで約20分、JR新宿駅までは約30分と、藤田さんの最寄駅でもある「JR浦和駅」は、都内に出るには便利な電車が走っており、確かに無理をしてまで独立する必要はないように感じることも事実です。

「都内でワンルームの家を借りるとして、大体7万円くらいですか? それはもったいないと思うんですよ。7万円ですよ、月に。それで今よりも狭い家を借りて、飯も自分で調達する。地方から『どうしても東京に来たい』という人なら仕方ないですが、僕のような環境でそれをやるのは、アホらしいと思うんですよね」

藤田さんは、実家に月2万円を入れ、残りのお金は遊興費、貯金に回しているそう。その環境では、その3倍以上のお金を住居代に充てるのは、バカバカしいと感じてしまうのも分かります。

スポンサーリンク

苦労を買う時代ではない

ですが「苦労は買ってでもしろ」といった格言もあるように、親元を離れてこそ得られる経験も多いでしょう。ですが、藤田さんは「時代が違う」と切り捨てます。

「それは景気の良い時の話じゃないですか? 苦労を買った先のメリットが分からない。給料が大幅に上がることもないし、景気が良くなり、お金を使えるような空気でもない」

そして、昔にはなかった「ブラック企業」への対策としても、実家が良いという。

スポンサーリンク

「たとえば就職に伴い、自立して、そこがブラック企業だとします。実家暮らしならば、当面のお金の心配もないし、その環境から逃げ出しやすいですよね。でも一人暮らしだと、お金がなくなってしまうから無理して働いてしまうかもしれない。それで体を壊す可能性だってある。

実家の場合、お金の心配もないから、やばい時に逃げられる選択が取りやすいですよね。『甘い』って言われるかもしれませんが、これが現代のリスクでもあるし、可能な限りそれを減らすことも大切だと思うんです」

スポンサーリンク

友人と会えるのも大きなメリット

前出した藤田さんの中学校時代からの友人でもある、戸田大輝さん(26歳・仮名)にも話を聞きました。戸田さんもまた、実家で両親と3人で暮らしています。彼が話すに「友達と会えることが実家から出ない一番の理由」とのこと。

「同級生の半数以上はまだ地元にいますし、しょっちゅう会える。ウチらの地元が特殊な可能性もありますけど、親世代が中学の同級生っていうパターンもすごい多いんです。それが受け継がれ、結婚しても地元に残る人もいます。同窓会を半年に1回やったりして(笑)。

社会人になるとどうしても、昔からの知り合いと疎遠になるじゃないですか。でも、学生時代の友達は永久不滅だと僕は思うんです。友達と会えない距離に、わざわざお金をかけて住むメリットがまったく思い浮かびません。精神衛生上良くないと思う」

スポンサーリンク

「自立しない男=モテない」は嘘?

男性に対し、「なるべく早く自立をして欲しい」との意見があることは周知の事実だと思います。実際に、ネット上ではそのような類の議論がされてもいます。

「実家暮らしはモテない説」に対し、何を思うかも聞いてみました。

「それは逆じゃないかな。まあ人によると思いますけど、実家暮らしのほうが貯金がある可能性が高い。僕は500万円近くありますよ。会社の同僚(26歳で、地方から上京してきた男性)は、100万円もないと言っていました。

スポンサーリンク

自立していない男は家事ができないとか言われますけど、僕は人並みに料理も作れるし、一括りにしないで欲しいのが本音です。しかも、彼女もいますし(笑)」

戸田さんは、大学時代から交際している女性との結婚を考えている最中とのこと。彼女は「そろそろ実家を出たら?」など言ってこないのか気になります。

「言われないですし、よくウチでもデートしてます。実家だから異性を連れ込めないとかもない(笑)、親も公認です。ちなみに結婚したら、さすがに実家からは出ます。でも、地元は出ないですね。近くのいい物件を探しますよ」

スポンサーリンク

15歳で親元は離れた男性の意見

一方、高校1年生の時から親元を離れ、現在は24歳の男性、薮田重彦さん(仮名)の意見も聞きました。

「僕は小さい頃から柔道を習っていて、中学卒業と同時に福岡県から関東の高校に進学しました。寮生活だったので、完全な自立とは違う気もしますけど。15歳で地元を出てから、正月や成人式などを除き、地元には帰っていません。就職もこっちでしています」

15歳という若さで自立をした彼は、「親と離れた後の寂しさを経験することも大事な気がする」と言います。

スポンサーリンク

「寮生活の時は仲間や先輩がいて、賑やかでした。でも、時々ふと寂しくなったりしましたよ。中学の同級生はみんな親の料理食べて、休みの日はどっか行ってるんだろうなとか思うと、『帰りたい』と無性にホームシックにもなりました。でも、その感情を一度経験するのも必要な気がするんです。あと、風邪を引いたとき助けてくれる人がいないとか、愚痴こぼす相手がいない辛さとか。

スポンサーリンク

『それ本当に必要?』って真正面から問われたら理屈で反論することは出来ないんですけど(苦笑)。今はホームシックになることはないですが、それは家を出たばかりの時に感じたあの気持ちがあってからこそというか、それで成長できた、大人になれたように自分では思ってますね。気持ちの面で」

スポーツの強豪校に通うため進学をきっかけに上京した例は、特殊とも言えます。ですが、自立した時の心細さや不安は誰にでも共通するもの。その経験をした彼からは、24歳の年齢を感じさせないような逞しさが見られたような気がしました。

スポンサーリンク

20代女子の本音は?

前出の戸田さんは彼女がいるとのことで、「実家暮らしとモテは関係ない」と話していました。そこで、実際に20代女性100人にアンケートを実施しました。その結果、社会人になっても実家暮らしの男性について、72%の女性が「自立して欲しい」と回答。

そして、多くの答えを占めたのは、20代前半(20~23歳)で家を出るべきとの声。

「社会人になったら親元を離れるべき」(29歳)

「遅くても社会人以降は自分のことを自分でできる生活力や自己管理能力を持ってほしい」(29歳)

「大学を卒業したら自立するべき」(21歳)

スポンサーリンク

次点には、20代半ば(24~26歳)の声が挙がりました。やはり「男性には、20代の早いうちから一人暮らしを始めてほしい」と女性は思っているようです。

ですが、前出の2人のような合理的な考え方も間違っているとは思えません。取るべき必要のないリスクを極力排除し、将来の糧にすることも大切だと感じます。この問題は、一概にどっちが良いのかジャッジが難しいのかもしれません。

https://bizspa.jp/post-133714/

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

全然論破になってなくて草。こどおじの何がキモイって、いい歳こいて親から自立できていない精神面の未熟さに尽きるんだよ。それがとにかくキモいって言われてるのにいい加減気づけw コスパがどうとかダサすぎる言い訳でしかない😩😩😩

コメント