sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

今度は神戸製鋼所でデータ改ざんか、これもう品質中国以下やん

   

今度は神戸製鋼所でデータ改ざんか、これもう品質中国以下やん

神戸製鋼 アルミ製品などの一部でデータ改ざん

大手鉄鋼メーカーの「神戸製鋼所」は、自動車や航空機などに幅広く使われるアルミ製品や銅製品の一部について、強度などの検査証明書のデータを改ざんして出荷していたことを明らかにしました。製品の納入先は、およそ200社に上るとしています。

発表によりますと、神戸製鋼では、ことし8月末までの1年間に出荷したアルミ製品や銅製品の一部で、事前に顧客と取り交わした強度などの基準を満たしていないにもかかわらず、検査証明書のデータを書き換えて出荷したり、必要な回数の検査を行わずに出荷したりしていたということです。

データの改ざんは栃木県と三重県、それに山口県にあるアルミや銅製品の製造を行う国内すべての工場と、子会社の神奈川県の工場の合わせて4か所で確認され、アルミ製品がおよそ1万9300トン、銅製品がおよそ2200トンに上るなどとしています。

これは神戸製鋼のアルミや銅製品の年間生産量のおよそ4%に当たり、自動車や航空機などの部品として幅広く使われ、納入先はおよそ200社に上るということです。
また、こうした改ざんは少なくとも10年ほど前から行われていたことがわかっているということです。

会社側は事態は重大だとして、「品質問題調査委員会」を設置して詳しい調査を始めていて、調査結果がまとまった段階で、経営責任を含めた社内処分を検討するとしています。

一方、これまでのところ、出荷した製品の安全性に具体的な問題は確認されていないとしています。

東京都内で記者会見した神戸製鋼の梅原尚人副社長は「重大事案を生じさせたことを深く反省するとともに、多大なご心配とご迷惑をおかけし、心よりおわび申し上げます」と陳謝しました。

神戸製鋼では去年6月、グループ会社が家電などのバネとして使われるステンレス製の製品のデータを改ざんし、JIS=日本工業規格の強度を満たしているように偽装して出荷していたことが明らかになったばかりです。

ずさんな検査 実態浮き彫りに

神戸製鋼所はアルミ製品や銅製品の強度や大きさ、検査方法などについて事前に顧客との間で細かく契約を交わし、基準を満たした製品を出荷することになっています。

しかし、今回改ざんが確認された4つの工場では、基準に比べて強度が足りない場合でも基準を満たしているように装って、検査証明書を書き換えていたほか、大きさや形状が契約と異なる場合でも、適切に検査を行って問題がなかったとして出荷した例があったとしています。

さらに、契約では複数回検査を行わなければならないにもかかわらず、1回しか検査を行わずに、書類上は複数回行ったと書き換えていた例も明らかになっているということで、ずさんな検査の実態が浮き彫りになっています。

改ざん確認された4つの工場

神戸製鋼所によりますと、検査証明書のデータの改ざんが確認されたのは、栃木県真岡市の真岡製造所、三重県いなべ市の大安工場、山口県下関市の長府製造所の3つの工場のほか、子会社「コベルコマテリアル銅管」の神奈川県秦野市にある秦野工場の合わせて4工場です。

国産ジェット旅客機 MRJでも使用

三菱重工業の子会社「三菱航空機」は、開発中の国産初のジェット旅客機のMRJの一部にデータが改ざんされた製品が使われていたことを明らかにしました。

三菱航空機によりますと、現在、アメリカで試験飛行中のMRJの試作機の一部に、今回、神戸製鋼所が強度などの検査証明書のデータを改ざんして出荷していた製品が使われているということです。

会社ではデータが改ざんされた製品が、MRJのどの部分に使われているか明らかにしていませんが、社内の調査で製品の強度や耐久性に問題がないことを確認しており、MRJの開発スケジュールに影響はないとしています。

トヨタも使用 車種や時期を調査

トヨタ自動車によりますと、神戸製鋼所のデータが改ざんされた製品を一部の車のボンネットやバックドアに採用していたということで、トヨタは採用していた車種や使用時期などを調べています。

トヨタは「仕入れ先に対してコンプライアンスの徹底を求めている中、このような違反があったことは重大な問題であると認識している」とコメントしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171008/k10011172011000.html

>改ざんは少なくとも10年ほど前から行われていたことがわかっている

( ´゚д゚`)エー

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット