sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

神戸市が衰退! 若者も観光客も集まらず どうすれば復活できるのか

   

神戸市が衰退! 若者も観光客も集まらず どうすれば復活できるのか

若者が神戸を離れ「5大都市」今は昔… 市長選告示

神戸市長選が8日に告示され、前市議の光田あまね氏、再選をめざす現職の久元喜造氏、元兵庫県加西市長の中川暢三氏、共産党兵庫県委員会委員長の松田隆彦氏の4人が無所属で立候補を届け出た。衆院選と同じ22日に投開票される。

多くの地方都市と同様、神戸市も人口減少の課題に直面する。かつての輝きを取り戻そうと、神戸市は都心部の三宮の再整備を計画しているが、そのあり方をめぐり、さっそく各候補者が舌戦を繰り広げた。

神戸市は1956年に横浜、名古屋、京都、大阪各市とともに最初の政令指定都市となり、「5大都市」の一つに数えられた。だが2015年国勢調査の人口は約153万7千人で、前回より約7千人減った。福岡市に抜かれ、政令指定都市で6位に転落した。

働き手となる若者が、神戸を離れていく問題も指摘される。神戸市が05年と10年の国勢調査をもとに人口増減数を分析すると、この5年間で25~29歳が約9千人減ったとの結果が出た。

観光面でも後れを取る。京都市はインバウンド需要の取り込みなどにより、16年の観光消費額は1兆円に達する。一方で、神戸市の13~16年の観光消費額は年間3千億円台で横ばいだ。

どうやって人を呼び込むのか。神戸市は歩道を広げたり、イベントを催せる広場を設けたりし、点在する観光地などを巡ってもらう三宮の再整備計画を練る。

選挙初日の8日、現職の久元氏は、高速道路などのインフラ整備を並行して行い、周辺から三宮への「人や物の流れをつくる」と訴えた。異人館街などをイメージした統一的な街並みにすべきだとする光田氏は、再整備には「神戸らしさ」が必要と訴える。

中川氏は「(再整備は)発展には不可欠だが、資金的な裏付けや民間との役割分担などを説明しなければいけない」と主張。松田氏は、再整備が周辺商店街との「客の奪い合い」を引き起こすなどと指摘し、計画の中止を呼びかけた。

http://www.asahi.com/articles/ASKB53D3BKB5PIHB008.html

僕は神戸行ったことないんだけど、なんだかオシャレというか素敵なイメージがある。ただ「神戸○○」みたいなの乱用されて陳腐化してる印象も(;^ω^)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット