【悲報】小室圭さん「三度目の正直」再試験の合格率1割台と判明!関係筋「学歴エリートの彼なら大丈夫」

スポンサーリンク

小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声

スポンサーリンク

秋篠宮家の長女・眞子さん(30)の夫、小室圭さん(30)が挑む「三度目の正直」。7月に行われる米国ニューヨーク州の司法試験の詳細が、明らかになった。

試験を主催する「The New York State Board of Law Examiners」(ニューヨーク州司法試験委員会)の公式ウェブサイトによると、7月の試験は26~27日の2日間。前回の2月は、受験者数が3068人で、うち合格者は1378人だったが、5月にロースクールを卒業したばかりの初挑戦者が多くなる7月は、昨年は9227人が受験して合格者は5791人。再び規模が3倍になる。

スポンサーリンク

在米の日本人ジャーナリストは「昨年7月の合格率は63%でしたが、再受験者の合格率はわずか18%、再々試験者となるとさらに厳しかったとのことです。小室さんは、大手法律事務所でロークラーク(法律事務員)としての仕事もしながらの勉強なので、大変だと思います」と解説する。

そもそも、米国中のエリートがこぞって挑むのが司法試験である。母国語が英語ではない日本人では、どうしてもディスアドバンテージ(不利)はある。ただ、ある皇室ジャーナリストは「小室さんは、横浜から東京・国立市の私立、国立音楽大学付属小に入学して、中高はインターナショナルスクール、大学は高偏差値の国際基督教大(ICU)と、英語を始めとした学業の英才教育を受けてきた超エリートです。実際に英語力はものすごく高く、昨年5月まで留学していた米国フォーダム大では、入学時には奨学金を獲得して、在学中の英語の論文も高く評価されて、賞も受賞していたほど。決して無謀な挑戦ではありません」という。

スポンサーリンク

小室さんは、4月に2度目の不合格を知った際には、米国留学などの支援をしてもらっていた奥野善彦弁護士に「合格点にあと5点足りず、とても無念です。次は7月に挑戦します」と打ち明けた。試験内容は、論文形式の200点満点と200問200点満点の択一問題の合計400点満点。たった数問のデキの差だったという。

「本人の中では、過去2回も合格の自信はあったのではないでしょうか。だからこそ3回目での合格を信じて邁進されているのでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

スポンサーリンク

2月の不合格時には、勤務先の弁護士事務所からの解雇の可能性や、それに伴うビザの期限切れなどの可能性が指摘されていた。それでも、4月28日には、2人の弁護士と連名で執筆した米国証券取引委員会(SEC)の新たなガイドラインについての解説文が、勤務先の法律事務所の公式HPに公開された。仕事では、実績を積み上げ始めている。あとは、晴れて合格して弁護士資格を取得するのみだ。

過去の試験結果のデータ的には高い壁ではあるが、眞子さんとの結婚も一度は無期延期となったもののきちんと成就した小室さん。逆境に負けない底力を持つ。

スポンサーリンク

SNS上では「眞子さんのためにも頑張れ!」、「次こそ合格して見返してやれ」とのエールも増えてきている。

泣いても笑ってもあと2か月。眞子さんとの幸せな新婚生活を送るためにも、次こそが“絶対に負けられない戦い”となる。

小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
 秋篠宮家の長女・眞子さん(30)の夫、小室圭さん(30)が挑む「三度目の正直」。7月に行われる米国ニューヨーク州の司法試験の詳細が、明らかになった。 試験を主催する「The New York Sta…
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

エリートならそもそも2回も落ちないだろうよ😰😰😰

コメント