【都ファ】 無免許事故の木下議員、辞職せず 「仕事で期待に応えていきたい」

スポンサーリンク

木下都議が無免許人身事故 選挙期間中、辞職はせず

スポンサーリンク

4日に投開票された東京都議選で、板橋区選挙区(定数5)から立候補し、再選を果たした都民ファーストの会の木下富美子氏(54)が、選挙期間中に無免許運転で人身事故を起こしていたことが5日、捜査関係者らへの取材で分かった。木下氏は免許停止期間中だったという。

捜査関係者らによると、2日午前7時半ごろ、板橋区高島平の交差点で、木下氏の車と50代の男性が運転していた車が衝突、男性と同乗者の妻がけがを負ったという。

スポンサーリンク

当時、木下氏は免許停止期間中で、警視庁は道交法違反(無免許運転)や自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いがあるとみて捜査している。

木下氏によると、街頭演説に向かう途中だったという。産経新聞の取材に「2日が免停期間の最終日で(免停期間が終わっていると思い)運転しても大丈夫だと思っていた。申し訳ない」と話した上で「仕事をしていくことで期待に応えたい」などとして議員辞職はしない考えを示した。

木下氏は平成29年の都議選で初当選。今回の都議選では2万9767票を獲得し、再選した。

https://www.sankei.com/article/20210705-ZIFHJHE5LFIB5LT3QO34SK6KYI/

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

無理だろ。世間が許さない😡😡😡

コメント