【悲報】日本国民「五輪のため?もう従わねえよ!五輪中止してから言え」 人出変わらず、昼飲み大盛況!

スポンサーリンク

三たびの緊急事態宣言 初日の街の様子は

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県で25日、緊急事態宣言が適用された。3回目となる今回は、百貨店やショッピングセンターといった大型商業施設や、酒類を提供する飲食店などが休業要請の対象となる。度重なる宣言への「慣れ」も指摘されるなか、繁華街や観光地への人の流れはどう変わっていくのか。初日の動きを追った。

営業継続のすし店「しないと生活できない」(東京・港)

25日午後8時すぎ、東京都港区のすし店では従業員数人が並んで客を見送った。店主の30代男性は午後9時から来店する客のため、マグロなどのネタを仕込み始めた。「宣言中もいつも通り営業しますよ。やらないとスタッフも取引先も生活が成り立たない」。期間中の夜は全て予約が埋まっているという。「やれるだけの感染対策はしているし、お客様の対策や体調管理を信頼している」と話した。

スポンサーリンク

通天閣が赤色点灯(大阪・浪速)

大阪市浪速区の観光名所である「通天閣」は25日夕、宣言発令を受けて府民に警戒を促すため、赤色のライトアップを始めた。展望フロアの下に設置されたLEDビジョンには、大阪府のキャラクターである「もずやん」の泣き顔が映し出された。通天閣は25日から当面の間は休業するとしている。

大阪メトロは減便「すいていた」(大阪・淀川)

大阪メトロは宣言の発令を受けて減便を開始。駅構内には「不要不急の外出を控えていただくため」として減便を知らせるとともに、時間に余裕をもって利用するよう呼びかける張り紙が出された。乗客の会社員男性(24)は「今日はいつもよりすいていて、ずっと座ることができた」と話した。

スポンサーリンク

休業の居酒屋、清掃や食材整理に汗(大阪・ミナミ)

大阪市の繁華街、ミナミでは休業に向け片付けに追われる飲食店も見られた。居酒屋を営む中沢茂雄さん(43)はタオルを頭に巻き、店内の清掃や食材の整理に汗を流していた。「営業を継続して客からアルコールの提供を求められたら断りにくい。居酒屋を名のる以上、クリーンにいきたい」と宣言解除までの休業を決めた。まん延防止等重点措置の適用で、アクリル板やCO2センサーを設置。「結構、高かったんですよね」と感染防止対策の備品を恨めしげに見つめた。

地下街も休業(大阪・梅田)

大阪府は地下街にも休業を求めている。繁華街の梅田に広がる地下街「ホワイティうめだ」(大阪市北区)では25日、全ての店でシャッターが下り、人々は足を止めることなく目的地へと急いでいた。管理する大阪地下街(同)の担当者は「地下街は多くの店舗を抱えるため影響が大きい」と話す。この地下街を含め、同社が管理する6施設には計600店舗がある。

スポンサーリンク

スクランブル交差点「人出、昨日と差ない」(東京・渋谷)

渋谷スクランブル交差点には大勢のマスク姿の人たちが行き交っていた。ドラッグストアの店頭に立つ男性(37)は「昨日と今日で人出にあまり差はないように感じる。昨日は店の前にも人がぎっしりいたが、夕方はどうなるだろうか」と交差点を心配そうに見つめた。

宣言下でも「昼飲み」盛況(東京・上野)

JR上野駅周辺(東京・台東)では、酒類の提供を取りやめたり、休業したりする店が目立つ。一方で営業を続ける居酒屋には昼間からひっきりなしに客が訪れ、満席状態に。客の40代女性会社員は「飲める店を探すため、昨日30軒ほどに電話した。やっぱり飲める店があればそっちに行ってしまう」。40代男性会社員は「身近にコロナに感染している人がいないから実感がわかない」と話した。

スポンサーリンク

野球ファン「球場来たいが」(兵庫・甲子園)

プロ野球も宣言の対象地域では無観客試合となるが、告知期間が短かった25日の各試合は観客を入れて開催。阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)の阪神―DeNA戦では、ファンが名残を惜しむように試合を楽しんだ。大阪市浪速区の自営業の男性(50)は「阪神の調子がいいのでこれからも球場に来たいが、こういう状況なのでしょうがない。今後は自宅でテレビ観戦して応援する」と話した。甲子園球場では5月11日までの宣言期間中、4試合の無観客開催が決定している。

都庁職員らが見回り(東京・有楽町)

東京・有楽町では25日昼すぎ、都庁職員や警察官ら約20人がプラカードを持って外出の自粛など感染対策を呼びかけた。「できるだけ自宅で過ごしてください」「やむを得ず外出する際は人混みを避けるようお願いします」。人通りは宣言初日も多く、40代の会社員男性は「書店に来た。ずっと自宅にいるのは退屈でつらいが、家にいる時間を多くして外でも会話は極力控えるなど感染対策には協力したい」と話した。

スポンサーリンク

市中心部の交通量少なく(大阪・御堂筋)

大阪市を南北に貫くメインストリート、御堂筋は25日、交通量が少なかった。日本道路交通情報センターによると、高速道路も25日午後2時現在で目立った混雑はみられないという。

「参道の人通り、1月より多い」(京都・清水寺)

京都の観光名所、清水寺の参道。土産物店の店長は「(閑散期だった)今年1月の緊急事態宣言の時と比べると人通りはまだ多いほう。それでも例年の10分の1ぐらい」と話す。平日の客は少ないため26~30日は休業し、5月1~5日に再び営業する予定という。大阪から家族4人で訪れた男性は「きょうは娘の誕生日。水族館に行く予定だったが休館で、清水寺に来た」と説明する一方、「旅行には少し申し訳ない気持ちもある」と語った。

スポンサーリンク

中華街「先週より客少ない」(神戸・南京町)

神戸市の中華街・南京町では、昼時に豚まんなどの店頭売りに行列ができたが、非常事態宣言を受けて休業を告知する張り紙も散見された。ある飲食店店員は「先週よりはお客さんが少ないかも」と話す。来店客の減少に備え、25日からテークアウトできる商品を増やした飲食店もあった。

「密」避け公園へ(東京・世田谷)
午後1時ごろ、東京・世田谷の駒沢オリンピック公園ではバスケットボールやキャッチボールをする子どもの姿や、ピクニックをする親子連れの姿などが見られた。5歳の息子と3人で公園に来た30代の会社員の男性は、平日は在宅勤務をしているといい「公園なら子どもと遊べて運動になるし、子どもも感染の心配も少ない所で遊べるから天気のいい週は毎週来ています」と笑みを浮かべた。

スポンサーリンク

いつも通りのにぎわい(東京・戸越銀座)

東京・品川の戸越銀座商店街は買い物客や観光客が行き交った。プリン専門店の「トミーズプリン工房」の男性店員は「いつもと変わらない人通り。天気が良いので午後からはにぎわうかも」と話した。小学生の娘2人と訪れた近所の女性は「混む時間帯を避けて用事を済ませに来たがいつもより人が多い。宣言が出たので子どもの習い事はなくなりそう。ゴールデンウイークは自宅や近所で過ごす時間が長くなると思う」という。

大型商業施設、駐車場はガラガラ(大阪・泉南)

イオンは東京、大阪など4都府県にある計28カ所の大型商業施設で、専門店の売り場を一部を除き25日から5月11日まで休業する。イオンモールりんくう泉南(大阪府泉南市)でも食品などを販売する総合スーパー、ドラッグストアなどを除いて休業。空から見た広大な駐車場は、ほとんど車がなくガラガラだった。

スポンサーリンク

食料品フロアのみ(大阪・阿倍野)

あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)は、25日から地下の食料品フロアを除いて臨時休業し、食料品も午後7時までの時短営業にする。午前10時前、担当者が休業を伝える張り紙を店頭に掲示した際、20人弱の客が開店を待っていた。近鉄百貨店は「ネット通販も活用してほしい」と呼びかけている。

USJは休業、人けなく(大阪・此花)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)も25日から臨時休業に入った。空から見た園内は人けがなく寂しげ。広い駐車場にもほとんど車がない。3月中旬、任天堂の人気キャラクター「マリオ」をテーマにした新エリアが、2度の延期を経てオープンしたばかりだった。

スポンサーリンク

「人出、いつもの8割」(東京・銀座)

東京・銀座では臨時休業する店舗が多く見られた。近くで美容室を経営する50代の女性は「人出はいつもの日曜の8割くらいに感じる。営業はしているが、キャンセルが出ており厳しい」と話した。

休業告知、何度も書き換え(大阪・ミナミ)

大阪・ミナミにある居酒屋では、休業を告知する張り紙を何度も「×」や二重線で取り消しては延長して書き換えていた。大阪市中央区や同北区では2020年11月下旬に時短要請が始まり、その後何度も延長されている。時短営業ではなく休業を選ぶ店もあり、「食い倒れの街」の活気は失われている。仕事の打ち合わせ前に街の様子を見に来たという40代の男性会社員は「行政に振り回されている感じがするね」と心配そうに張り紙を眺めた。

スポンサーリンク

ビール取りやめ(東京・神保町)

午前10時ごろ、東京メトロ神保町駅からすぐのクラフトビールを提供する「folk burgers&beers」では開店準備のなか、酒提供自粛の張り紙を入り口に張り出した。5月11日までビール6種類など酒類の提供をやめる。高野和彦代表(43)は「ビールを楽しみに来る客も多い。宣言の詳細が2日前に決まるのはおかしい」と話す。クラフトビールは栓を開けると1~2週間で鮮度が落ちるため、余ったビールは店員らで処分するという。

「夢の国」は長い列(千葉・浦安)

午前9時ごろ、千葉・浦安の東京ディズニーランドでは、グッズを身につけた入園者たちがひっきりなしに訪れ、従業員のアナウンスに従い距離を空けて長い列を作っていた。友人3人と来園した都内の20代会社員の女性は1カ月以上前からチケットを予約していたといい、「緊急事態宣言で閉園になるかもしれないと思ってヒヤヒヤした。感染は怖いが、せっかくチケットがとれたので今日くらいコロナを忘れて楽しみたい」と話した。

スポンサーリンク

映画館前で「がっかり」(大阪・梅田)

大阪市北区にあるシネマコンプレックス(複合映画館)「梅田ブルク7」では、映画のポスターが並ぶ入り口近くに宣言期間中の休業を知らせる張り紙が張り出された。午前8時過ぎ、友人と一緒に訪れた女子大学生(20)は「(小規模館なので)大丈夫かと思ったが……。がっかりです」。友人の女性(19)は「百貨店の売り場でのバイトも休業でなくなった。ランチに行ける店でも探そうかな」と話した。

人影まばらな朝(大阪・梅田)

午前8時ごろ、大阪の中心地・梅田の人影はまばらだった。商業施設や飲食店の店頭などあちこちに「5月11日まで休業」などの張り紙がある。夜勤から大阪府豊中市の自宅に帰るという男性(29)は「しばらくの間、なるべく外に出ずに過ごそうと思う」と話した。

スポンサーリンク

「一部臨時休業します」(東京・銀座)

東京・銀座の百貨店の店頭には25日朝、「緊急事態宣言を踏まえ、一部臨時休業します」との張り紙が入り口ごとに張られていた。夫婦でランニングに来ていた40代の会社員女性は足を止めて紙を眺め、「朝の人通りや車通りは普段と変わらないが、張り紙があってショーウインドーのシャッターがおりるなど店の雰囲気が違う」と話した。百貨店にも出店する靴などのブランド企業に勤めており「客が来れなくなり心配。休日でも在宅勤務用のパソコンで売り上げを確認する」と語った。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE242LY0U1A420C2000000/?unlock=1

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

何か今回の緊急事態宣言は国民を守るためにじゃなくて、五輪を守るために国民を利用してるように感じる😰😰😰

コメント