【悲報】「世界一勤勉」なのに、なぜ日本人の給与は低いのか

スポンサーリンク

「世界一勤勉」なのに、なぜ日本人の給与は低いのか

スポンサーリンク

先週、SNSで「日本は韓国よりも貧しくなった」という文春オンラインの記事が大きな話題になった(関連リンク)。

OECD(経済協力開発機構)の調査によれば、2019年における日本人の平均年収は3万8617ドル。米国(6万5836ドル)、ドイツ(5万3638ドル)など先進国から大きく下回っていることはいつものこととして、なんとお隣の韓国(4万2285ドル)にまで抜き去られてしまったと紹介したこの記事は大きな反響を呼び、Twitter上では「韓国以下」などの文言がトレンド入りを果たしたほどだった。

スポンサーリンク

韓国といえば、いまだに財閥支配が強いように、日本人がドン引きするほど強烈な貧富の差があることで知られている。若者の失業問題も日本以上に深刻で、18年から最低賃金を引き上げたら失業者が増えたとか、コロナ禍で1999年の統計作成以降、最多の失業者数となったなんてニュースもあった。

スポンサーリンク

そんなシビアな経済環境にいる韓国人より、実は日本人のほうがおしなべると「貧しい」と言われても、すぐに受け入れられない人も多いだろう。なかには「こんな調査はデタラメだ」「日本の豊かさは数字で測れるものではない」などと現実逃避をしてしまう方もいらっしゃるかもしれない。

スポンサーリンク

ただ、残念ながら、これは為替や物価の影響をすべて考慮した購買力平価を用いたドル換算の調査なので、シンプルに各国の賃金の高さを示している。もちろん、先ほども触れたように韓国経済も問題山積なので、「賃金は低くても韓国よりはマシだ」なんて感じで屁理屈をこねて自尊心を保つことはできる。しかし、それでも「日本が貧しい」という事実自体は動かしようがないのだ。

スポンサーリンク

「変わらない」ほうが居心地がいい
そこでやはり気になるのは、なぜ日本がここまで貧しくなってしまったのかということだ。

ご存じのように、日本経済低迷の原因については、長引くデフレ、消費増税、人口減少、さらにはアベノミクスが失敗だったとか、もっとさかのぼって小泉改革がよくなかったなど、さまざまな分析がなされている。どの説についてもそれなりの根拠があり、それなりに納得できる内容だ。

スポンサーリンク

ただ、あらゆる原因に影響を与えている本質的なところでは、日本人が自他ともに認める「世界一の勤勉さ」がかなり罪深いのではないか、と個人的には考えている。こんな発言をすると、ご立腹の方もいらっしゃると思うが、「日本人の勤勉さ」は世界に誇るべき美徳であることになんの異論もない。

ブラック労働だなんだと言われても、与えられた仕事をきっちりこなすために残業や休日出勤も辞さない。そんな勤勉な労働者が日本経済の土台を支えているのも紛れもない事実だ。

スポンサーリンク

が、一方で勤勉さや真面目さには大きな副作用がある。決められた仕事を忠実にこなすことや、命じられたことをコツコツと続けることは得意だが、頭がコチコチなので何か問題が発生した際に対応を変えられない。柔軟な姿勢でルールや規則を根本的に見直したり、これまで長く続けてきたことをスパッと止めたりすることができないのだ。

スポンサーリンク

例えば、コロナ禍になってから「これからはテレワークだ!」と数カ月くらいは大騒ぎしていたが結局、今は電車には通勤するビジネスパーソンが山ほどいる。「いよいよ日本もDXの波がきた!」という言葉はよく聞いたが、いまだに紙の書類にハンコを押し、紙の領収書をペタペタと貼って経費精算している企業が日本中にたくさんある。

スポンサーリンク

なぜこうなってしまうのかというと、日本のビジネスパーソンが勤勉だからだ。これまでのルールを過剰なくらいに真面目に守ってきて問題がなかったので、急に「こっちのほうがいいですよ」と言われても簡単にシフトできない。むしろ、新しいシステムを導入すると、みずほ銀行のATMのように大きなトラブルが発生することもあるので、「変わらない」ほうがリスクが少ない。勤勉でマジメな組織人ほど「何かあったら誰が責任を取るのだ」なんて感じで、改革より現状維持を選びがちなのだ。

スポンサーリンク

そんな「世界一の勤勉さ」の副作用が、日本をじわじわと貧しくしているのではないか、ということが言いたいのである。この負のスパイラルがもっとも強烈に、もっとも露骨に出てしまっているのが「日本の産業構造」だ。

スポンサーリンク

現状維持型の稼ぎ方
日本人の賃金が先進国の中でも際立って低いのは、今さら説明の必要がないだろう。では、なぜ日本の賃金は過剰なまでに低く抑えられてきたのかというと、企業側が過剰なまでに賃上げをしてこなかったからだ。

スポンサーリンク

当たり前の話だが「賃上げ」は資本主義社会のなかでは、当然のように進められていかなければいけない。企業が成長をすれば、労働者に還元をする。それで経済がまわって、国民全体の豊かさも向上していく。実際、日本以外の先進国や、経済成長を果たしている新興国を見ればちゃんと賃金は上がっているのだ。

スポンサーリンク

なぜ日本企業は賃金を上げないのか
では、そんな当たり前のことがなぜ日本企業はできないのか。「デフレで成長できない」とか「法人税が高すぎる」とかなんだと個別の事情はあるが、全体的なことでいえば間違いなく、小さな規模の会社が過剰に多いからだ。約421万の日本企業のうち、中小・零細企業は99.7%を占めており、労働者のおよそ7割が働いている。

スポンサーリンク

中小・零細企業はどうしても賃金が低くなる。もともと資金繰りも苦しいことに加えて、会社の規模からしても輸出や研究開発に力を注げないので、どうしても昔ながらのビジネスモデル、昔ながらの顧客を大事にする現状維持型の稼ぎ方になってしまう。人口減少で内需が縮小していくなかで、厳しい戦いを強いられているので賃上げどころではないのだ。

スポンサーリンク

このように、日本の「過剰なまでに低い賃金」が「中小・零細企業が過剰に多い産業構造」に起因することが見えてくると、不思議なのはなぜこのように、バランスの悪い産業構造になったのかということだが、実はそこに「世界一の勤勉さ」が関わってくる。

スポンサーリンク

失業者を受け入れる雇用の受け皿
今でこそ業者に接待されてうそばかりついているイメージしかない官僚だが、昭和の官僚はもっと勤勉で、戦後の焼け野原から経済復興させるため、寝る間も惜しんで産業政策を考えた。そんな真面目一筋の官僚たちが高度経済成長期の切り札として生み出したのが、1963年に制定された中小企業基本法である。

スポンサーリンク

当時はまだ雇用も不安定で、景気が悪くなると大企業をクビにされる労働者がたくさんいた。そういう失業者を受け入れる雇用の受け皿をじゃんじゃんつくることが、官僚たちに課せられたミッションだったのだ。そこで目をつけたのが中小零細企業である。

中小零細企業が社会にあふれれば、失業者対策にもなる。地域経済も循環するので良いことづくしということで、とにかく数を増やすべきだと税制や助成金などさまざまな支援をそろえてきた。今、国が2030年のガソリン車廃止でEVをとにかく普及させたいので補助金を引き上げているが、ノリとしてはあれと同じだ。

スポンサーリンク

そんな手厚く保護されている領域があれば当然、それを活用しようという人たちが集まってくるので、中小企業・零細企業は右肩あがりで増えていく。この保護政策は、高度経済成長期が終わっても見直しされることなく続けられた。勤勉で真面目な人たちは一度定められた路線は過剰なまでにしっかりと守る。頭がカチカチなので、「中小企業が増えれば日本経済が成長する」という大前提が時代に合っているのかと検証することなく、ただ前任者たちが敷いたレールを進んでいった。

スポンサーリンク

そうして気がつけば、50年以上も経過して、日本は99.7%が中小零細企業という産業構造がビタッと定着して、他の先進国が引くほどの低賃金国家ができあがったというわけだ。

当たり前の話だが、高度経済成長期にできた中小企業政策を令和の今まで頑なに守り通してきたエリート官僚の皆さんは「賃金を低くしてやる」などと思ってやっていたわけではない。国家公務員一種試験をパスした優秀な頭脳と、国民の役にたちたいという真面目さ、自分が属する役所の省益を守らなくてはという組織人の勤勉さがゆえ、ハタから見れば「過剰」に見える保護政策を続けてきただけなのだ。

スポンサーリンク

コンビニもアパレルも
このように勤勉で真面目な人たちが良かれと思ってしがみつく現状維持が、ことごとく裏目に出て人々を貧しくさせている、という現象は日本のさまざまな産業でも起きている。

例えば、コンビニは顧客のためだと、他国ではありえないほどの豊富な食品や製品を取りそろえ、鮮度がなくなれば廃棄、売れないモノはすぐに引っ込める。そんな過剰サービスが一見すると、モノにあふれた豊かな社会を演出しているが、その高度にはりめぐらされたインフラを支えるため、作業員、ドライバー、コンビニオーナーやバイトは低賃金重労働を強いられている。

スポンサーリンク

アパレルもそうだ。店には信じられない低価格で、高品質な服がさまざまな色、さまざまなサイズが並ぶ。しかし、その裏では売れるのはほんの一部で、すさまじい数の「過剰在庫」でアパレル各社は悩まされている。その苦境のしわ寄せは当然、アパレルビジネスに関わる人々の賃金や労働環境の悪化につながる。

スポンサーリンク

数が多くなければ売れない。種類がなければ選んでもらえない。勤勉で真面目な人たちがそんな風に自分たちを勝手に追い込むことで、需要をはるかに上回る過剰な品ぞろえ、過剰なサービスが提供されている。

そんな「ムダの多いビジネスモデル」は数字的に売り上げはたつが、利益を上げることができない。賃金も上がらないのに仕事だけは過剰になっていくので、現場の労働者はじわじわと疲弊する。そんな「過剰供給」の負のスパイラルから抜け出せない産業構造が、日本人を貧しくさせているのだ。

スポンサーリンク

勤勉さや真面目さが、「過剰」を引き起こして、日本人をじわじわと苦しめているのは、コロナ禍も同じだ。医療従事者を助けろとマスク着用や自粛を叫ぶのはいいとして、頭がカチカチな人たちが、自粛警察やマスク警察になって息苦しい世の中になっている。勤勉にコロナ対応に取り組みすぎて、精神が不安定になって、医療従事者を差別・迫害するような本末転倒な事態も起きている。

スポンサーリンク

このままでは経済的な貧しさもさることながら、心まで貧しくなってしまう。日本人を苦しめる「過剰」の呪いから解き放たれるためにも、そろそろ「日本人は世界一勤勉」みたいな妄想とオサラバすべきではないのか。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2103/09/news052.html

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

膨れ上がった非正規が平均を押し下げてるからでしょ😰😰😰

コメント