【悲報】劇場版『鬼滅』204億突破の大ヒットで気になる作者への臨時収入…過去には悲惨な例も 『銀魂』空知氏は「ハナクソみたいな額」

スポンサーリンク

劇場版『鬼滅』大ヒットで気になる作者への臨時収入…過去には悲惨な例も

スポンサーリンク

『鬼滅の刃』映画版が大ヒット中だが、作者にはいくらの臨時収入が入るのか。『銀魂』作者・空知英秋氏の発言も話題に。

現在全国公開中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、8日までの24日間で累計約1,537万人動員、興行収入204億円に達したことが9日わかった。

そんな中2013年に発売されたコミックス『銀魂』の51巻で作者の空知英秋氏が明かしていた「映画化」をめぐる現実に、7年の時を経て改めて注目が集まっている。

スポンサーリンク

■興行収入1位はほぼ確…?
空前の『鬼滅の刃』ブームである。劇場版は公開直後から絶好調で、まだ公開から1ヶ月経っていないという状況にも関わらず、『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年公開、興行収入203億円)を超え、日本における歴代興行収入5位にランクインしている。

1位の『千と千尋の神隠し』(2001年公開、同308億円)まであと約100億円という状況だが、『千と千尋』は最終的に約1年間公開されていたことを考えると、『鬼滅』のロングランも十分に考えられ、射程圏内といった状況だ。

スポンサーリンク

■原作使用料に注目する声

日本映画界の歴史を変えるこの大ヒットを受け、ネットでは作者である吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)氏の収入が激増するのではという声も上がっている。

「先生の印税すごいだろうなぁ」「収入すごそう」「吾峠呼世晴先生、大金持ちやん」と関心を高まらせる声がちらほら。…しかし、実際にはそうもいかないようである。

スポンサーリンク

■「200万円ちょっと」という前例
漫画作品の映画化は、常に「原作者軽視」の慣習が残っていると、これまで何度も取りざたされてきた。

興行収入71億円を記録したヒット映画『LIMIT OF LOVE 海猿-UMIZARU-』の原作者である漫画家・佐藤秀峰氏は、どんなに興行収入が上がっても原作者に支払われる原作使用料は固定で、「200万円ちょっと」とインタビューで答えている。

ちなみに同作は、2006年公開の日本映画実写映画部門では興行収入第1位という人気作であり、原作者へのギャラがその程度では正直さみしいと誰もが思うレベルだ。

スポンサーリンク

■「うす汚い悪徳企業の懐に」

また、こちらも実写映画が大ヒットした『銀魂』作者・空知氏は、2013年に発売されたコミックス51巻の読者質問コーナーでこのことに言及。

「生々しい話をしますと、映画というのはどれだけ観客が入ろうとどれだけ興収をあげようと作家の懐には何も入ってきません。 最初に原作使用料というものが支払われるのみです。全体の興収からいえばハナクソみたいな額ですね。ほとんどの金は集英社、サンライズといったうす汚い悪徳企業の懐に入ります」と、怒りを込めて暴露している。

スポンサーリンク

そして、漫画家にとっては単行本の印税が生命線であるとして「映画だけじゃなく単行本も買って印税で僕をヒルズに住まわせてください」とジョークを交えて訴えている。

このメッセージ、今になって改めてツイッター上で注目されているが、原作者ががっかりするようなこれまでの流れが再び繰り返されてしまうのだろうか。

https://sirabee.com/2020/11/09/20162445998/

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

海猿の時に話題になってたので知ってた
あれから改善してない業界の体質が怖い😟😟😟

コメント