sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【危険】いつ殺されてもおかしくない。ネコが飼い主を殺そうとしている「8つのサイン」がこちら

   

【危険】いつ殺されてもおかしくない。ネコが飼い主を殺そうとしている「8つのサイン」がこちら

「ネコがあなたを殺そうとしている8つのサイン」! カーテンの後ろに潜んでいる時は殺害準備、超獰猛な“キラー・キャット”も!

愛猫家にはちょっと物騒な話題が持ち上がっている。身近にいるネコが実はアナタの命を狙っているかもしれないというのだ。

■愛猫がアナタの命を狙っている8つのサイン

その愛らしい風貌と振る舞いで我々を癒してくれるネコたちだが、のんきな佇まいとは裏腹に、その優れた運動性能で獲物を素早く捕獲して貪りつく肉食の捕食動物だ。そして、飼い主のアナタ自身の命を狙っている可能性があるという。そんなことがあり得るのか?

もし愛猫がアナタの命を狙っているとすれば、何気ない日常のふれあいの中にその兆候が現れてくるということだ。あるYouTube動画が、ネコが飼い主の命を狙っているときにしがちな8つの行動を紹介している。

1. 歩いている最中につまずかせようとする
足元でジャレるネコは可愛いものだが、歩いている最中にも執拗に足元のまとわりつき、アナタをつまずかせて転ばせようとしているのだ。

2. 眠っているアナタを窒息させようとする
就寝中や昼寝中にも気は抜けない。ネコはあなたの口や鼻に手を伸ばして呼吸を止めようとする。

3. カーテンの裏に潜んでいる
浴室のシャワーカーテンの裏などにネコが潜んでいて待ち伏せている場合もある。アナタの行動を予測して先回りし、ソノ気になればいつでも手を下せることをアピールしているのだ。

4. ツメを研いでいれば要注意だ
ツメ研ぎ行為に入念になっている場合は明らかに何かを準備していることになる。

5. 何かとアタックしてくる
飼い主に対してジャレ合いの一線を越えて攻撃してくる場合はもちろん十分な警戒が必要だ。

6. 何気なくアナタの弱点や急所を探している
ジャレ合って遊んでいる場合でも気を許すことはできない。いざというときのためにアナタの身体の急所や弱点をさり気なく探しているのだ。

7. 逃げ道を作ることに余念がない
壁や床に穴を開けようとしたりして“逃げ道”を作るのに励んでいる場合は要注意だ。“本番実行”の日が近づいているのだ。

8. 妙に可愛いとき
普段にも増して愛猫が可愛いとき……、それは彼らが飼い主を“萌え死に”させようとしているのだ!

■イギリスで“キラー・キャット”が目撃される!?

実際に“殺意”のある獰猛なネコの存在が指摘されている。イギリスのセント・オールバンズでは獲物を捕食する“キラー・キャット”の目撃がここ数年相次いでいるのだ。

この3月にはセント・オールバンズから北に5マイルにあるウィートハムステッドの村で、腹部から下がズタズタに噛み千切られているシカの死骸が、犬の散歩中だった女性によって発見されてニュースになっている。この件はやはり付近で何度も目撃されている“キラー・キャット”の仕業ではないかと噂されているのだ。

そして先日、地元のタクシー運転手によって“キラー・キャット”の姿がスマホ動画で収録され公開された。6月18日、前夜からの仕事を終えた明け方の午前4時30分頃、自宅へ帰る途中の路上でその“キラー・キャット”が目撃されたのだ。

この“キラー・キャット”は、おそらくピューマのような猫科の動物で、動物園から逃げ出したものの関係各所に報告されていない個体や、あるいは個人宅でペットとして飼われていたものが逃げた、あるいは捨てられたものであると考えられているという。

過去5年間で地元警察には30件以上の“キラー・キャット”目撃報告があるということで、この個体なのかどうかはともかく、何らかの猫科の動物が野生化して徘徊しているのは確実であると警察も認めているという。少なくともここセント・オールバンズでは、決してジョークではなく“殺し屋”の猫科動物に襲われる可能性があるのだ。

http://tocana.jp/2017/07/post_13650_entry.html

ネコと和解せよ(=^・^=)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 動物