アメリカで醤油が爆発的大ヒット!「キッコーマン」で通じるまでに成長 近年はテリヤキソースも売れ筋

アメリカで醤油が爆発的大ヒット!「キッコーマン」で通じるまでに成長 近年はテリヤキソースも売れ筋

キッコーマンが米国に根付かせた「日本の味」

米イリノイ州のシカゴ市内から車を走らせることおよそ2時間。州境を越えウィスコンシン州に入ると、見渡すかぎり青々とした広大なトウモロコシ畑が広がる。まっすぐ延びる道路をひたすら進むと、トウモロコシ畑が途切れて巨大なサイロの立ち並ぶ工場が現れる。入り口に掲げられているのは、日本でもおなじみのロゴマークだ。

米国進出は60年以上も前

ウィスコンシン州ウォルワースにあるこの工場は、しょうゆ製造・販売最大手のキッコーマンが米国に2カ所持つしょうゆ製造拠点のうちの1つ。全米に向けて数百種類のしょうゆやソースが出荷されている。

「米国で、キッコーマンのしょうゆを知らない消費者はほとんどいない」。茂木友三郎名誉会長はそう豪語する。2017年度の同社の売上高4306億円のうち、6割は海外事業が占める。特に北米でのしょうゆ販売はこの8年で5割近く伸び、業績の牽引役に成長した。

キッコーマンが米国に進出したのは販売会社を設立した1957年と、60年以上前にさかのぼる。当時は日本からしょうゆ製品を輸出、1968年からはコンテナ船でバルクのしょうゆを運び、現地の食品メーカーに瓶詰めしてもらっていた。販売は順調に伸びた反面、輸送費もかさみがちだったため、1973年には前出のウィスコンシン州ウォルワースに工場を建設し、しょうゆの現地製造を始めた。

近年、和食がユネスコ無形文化遺産に登録されるなど、海外で和食が流行している。ただ、「和食ブームで大した得はしないし、当てにもしていない」と茂木名誉会長は言い切る。「ブームで広がりがあるのはせいぜい外食店くらい。それよりも家庭で一般の消費者に使ってもらえるようになるのが、(キッコーマンにとって)圧倒的に重要だ」(同)。

米国に進出してからの数十年間、家庭の中に入り込むために徹底してきたのは、調味料としての “現地化”だ。特に進出当初から、「肉料理に合う」というアピールに力を入れてきた。商品開発も現地の販売会社が独自に行っており、「テリヤキ」という、日本でいうところのバーベキューソースや、レモンやライムの果汁を配合したしょうゆも売れ筋だという。

「価格勝負をする気はない」

また、北米事業は営業利益率が20%に達し、利益率6%の国内事業に比べ、キッコーマンにとって圧倒的に“おいしい市場”でもある。背景にあるのが、競合メーカーの少なさだ。

国内には地場企業などを含めると1200社を超えるしょうゆメーカーがあるといわれるが、米国ではヤマサ醤油の子会社・サンジルシ醸造や現地のメーカーなど競合は数社程度。価格競争に陥りにくいことが、収益性の高さにつながっている。

高単価であることを売りにしている面もある。米国の多くのスーパーマーケットの棚には、「LA CHOY(ラ チョイ)」というブランド名で現地メーカーの「化学しょうゆ」が並ぶ。キッコーマンのしょうゆは発酵・醸造に半年程度かかるのに対し、化学しょうゆは醸造の過程を簡略化、添加物などを加えて仕上げるため数日間で完成するという。

製造方法の違いなどから、キッコーマン製品の小売価格は400ミリリットル程度の容量で1ドル弱ほど高い。また、ラチョイのパッケージには「PREFERRED OVER KIKKOMAN」(キッコーマンより好まれています)と表記され、真っ向勝負を挑まれている。だが「われわれは本醸造、無添加という点を売りにしている。価格勝負をする気はない」(現地販売会社の島田政直社長)。

現在、北米でのしょうゆ販売の伸びを牽引するのは減塩タイプの製品だ。減塩しょうゆは販売構成比では2割程度しかないものの、2ケタ成長が続いているという。

米国ではFDA(米国食品医薬品局)が高血圧予防として、食品メーカーや飲食店に対して塩分の含有量を抑えるように推奨している。ウォルマートなど大手スーパーの棚には減塩しょうゆも通常品と同程度の本数が並んでいる場合が多く、存在感を放っている。

南米やインドでの販社設立を目指す

さらに、この減塩志向を機に拡大を狙うのが、メーカー向けの「加工用しょうゆ」だ。バーベキューソースなどを製造するメーカーに原料として供給するのがメインだが、ここ数年は、塩の代わりに粉末状にしたしょうゆを使用してもらう提案に力を入れている。

実際、現地では塩が多く使われるピザ生地やパン生地などに粉末しょうゆを使用されるケースもある。会社側によれば「塩味は落とさずに、しょうゆの風味や色を取り除くことも技術的には可能だ」という。

減塩ブームにも対応し成長を目指すキッコーマン。茂木名誉会長は「5年以内に南米、インドにも販売会社を設立するのが目標。世界で残ったところを埋め尽くしたい」と野望を語る。米国での成長を継続しながら、世界中にしょうゆという文化を広げることができるか。

キッコーマンが米国に根付かせた「日本の味」 | 食品
米イリノイ州のシカゴ市内から車を走らせることおよそ2時間。州境を越えウィスコンシン州に入ると、見渡すかぎり青々とした広大なトウモロコシ畑が広がる。まっすぐ延びる道路をひたすら進むと、トウモロコシ畑が…

 

アメリカでも「減塩しょうゆ」が売れてるんやね!

コメント