sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【希望の党】小池百合子「衆院選後に自民党と連立する可能性もある」連携に含み

   

【希望の党】小池百合子「衆院選後に自民党と連立する可能性もある」連携に含み

衆院選「出馬はない」、過半数以上の候補擁立で政権交代目指す

希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は2日、産経新聞の単独インタビューに応じ、衆院選への自身の出馬について「ない。最初から言っている」と明言した。希望の党から過半数に当たる233人以上の候補者を立て、政権交代を目指す決意を示した。自民党が参院で過半数を占める中、希望の党が衆院で過半数を得た場合に自民党と連立する可能性については「結果をみて判断する」と否定せず、連携に含みを持たせた。

小池氏は不出馬の理由について「日本の国政は改革のスピード感があまりに遅い。国会議員の一人になっても意味がない。東京都が(改革の)範を示し、それを日本全体に広げていく。その方が国民には分かりやすい」と強調した。

また、自ら率いた地域政党「都民ファーストの会」が7月の都議選で圧勝したことを受け「都政で環境が整った。これから結果を出していく」と都政に専念するとした。投開票日の22日はパリで開かれる気候変動に関する国際会議に出席する予定で、「21日に羽田空港からパリに向かう。約束する」と断言した。

希望の党の公認候補者数に関しては「有権者に選択肢を提示することが大事だ。選挙区と比例代表を合わせて233を目指す態勢をとりたい」と述べた。希望の党の若狭勝前衆院議員が政権交代について「次の次の衆院選」と発言したことには「あり得ない」とし、今回の衆院選で政権交代を目指すと強調した。

小池氏は、安倍晋三首相(自民党総裁)による衆院解散について「北朝鮮情勢は本当に厳しい。こんな時期に解散するなんて、『安倍ファースト解散』だ」と批判した。その上で「だからこそ改革を問う絶好のチャンスだと思った。真に改革する保守としがらみの保守は違う」と語り、自民党との対決姿勢を強めた。

自身と首相の違いについて「あちらは政治一家の3代目、私はベンチャーの女性起業家みたいなものだ」と述べた。衆院選後の特別国会での首相指名は「党も含め、たくさん候補者がいる」と述べるにとどめた。

小池氏は希望の党からの立候補を望む民進党出身者に安全保障法制や憲法改正の支持といったハードルを課している。この点に関し小池氏は「安保政策や憲法観での一致は当然だ」と述べた。

同時に「政権を取り戻すため自民党はなりふり構わず社会党と手を組んだ。『政策が一致しないのは野合』というのは、そっくりお返しすべきだ」と訴え、かつての自社さ政権を持ち出して自民党を批判した。

小池氏の「リベラル排除」発言を受け、枝野幸男元官房長官が新党「立憲民主党」を立ち上げ、民進党が分裂したことについては「(立憲民主党は)護憲ということなんだろうが、護憲が目的化するのはおかしいし、理解できない」と批判した。「選挙の構図はかえって分かりやすくなった」とも語った。立憲民主党の候補に対抗馬を立てる可能性については「これから判断する」とした。

http://www.sankei.com/politics/news/171003/plt1710030006-n1.html

含みつーか、最初からその予定だろコイツw

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 政治