sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

港区女子、正論「女の恋愛を『結局カネかよ』という思想は金持ちが努力してきた背景も否定するの?」

   

港区女子、正論「女の恋愛を『結局カネかよ』という思想は金持ちが努力してきた背景も否定するの?」

石原さとみ、剛力彩芽に「お金で男性を選んだ」と指摘する愚

ここ2か月で、石原さとみと剛力彩芽の熱愛報道が相次いだ。それに対し、“失望”の声が相次いでいる。「結局、お金かよ」──そんな指摘は正しいのだろうか。一流商社勤務や弁護士、医師といったハイスペック男性と飲み会を繰り広げる「港区女子」の吉川リサコ氏が、周囲の港区女子に意見を聞いた。

* * *
石原さとみが、『SHOW ROOM』の前田裕二社長と沖縄に旅行デートしていたことが報じられた。剛力彩芽は『ZOZOTOWN』を運営する前澤友作社長。遡れば、菊川怜や奥菜恵などなど、実業家と付き合ったり結婚したりする女優たちは多い(破局するケースも少なくないけど)。

特に最近の石原&剛力については、彼女たちに何の幻想を抱いていたのか、「結局カネかよ……」といった失望(?)の声がツイッターで乱れ飛んだ。では、ハイスペック男子と日々飲み会を繰り広げている港区女子たちはどう考えているのか。周囲の仲間たちに聞いてみた。

港区女子は、巷で有名な実業家や社長たちと飲んだり付き合ったりするケースが少なくない。だから、実業家と女優が付き合っているという報道が出ると、「あの女優と姉妹で~す笑笑」なんてLINEがやりとりされることがある。ハイスペ男性を選ぶ心理を熟知する仲間たちである。

そんな彼女たちに共通する意見としては、「多くの男性たちが土下座してでも付き合いたい女性たちなのだから、超一流ハイスペ男性と付き合うのは当然でしょ」というものだ。その中で、以前紹介したモテすぎハーフ港区女子・カレンはこう語った。

「『結局カネかよ』というツッコミって、なんで彼らがお金を持っているか、その努力とか、背景とか、人となりとか、全部無視してるよね」

起業するだけのビジョン、会社を動かしていく行動力、優秀な仲間が周囲に集まる人間的魅力。それについてきたお金。いい車に乗っていたり、おいしい店を知っていたり、夜景が素敵なマンションに住んでいたりするのは、全部その結果。

私が港区女子を続けているのは、人も羨む生活をできるほど成功しているハイスペ男性たちと一緒にいると、パワーがもらえるからだ(個人的には、代々のお金持ちではなくて、上昇志向とハングリー精神があって成功している人が好き★)。巷では「飲み会でもらえるタクシー代が目当てなんでしょ」なんて言われることがあるが、そんな2万~3万円ぽっちのために港区女子は続けていられない。だって、服にもメイクにも、男性から選ばれるためにはコストがかかるんだから。

もう1人、国民的男性アイドルを虜にさせた一流港区女子のナナコのコメントも紹介したい。

「石原さとみちゃんとか剛力ちゃんがお金目当てなわけないよ。だって自分で普通のサラリーマンの何倍も稼いでるんだから。

ツイッターのひがみは女優が付き合う男性を“お金で選んでいる”という視点ばっかりだけど、逆。ハイスペ男性側が付き合う女性を“選んでいる”んだよね。女優だってグラビアアイドルだって優秀で美人な社員だっていくらでも周りにいて、その中でたまたま彼女たちが選ばれたってだけ」

まず選ばれなきゃ、選ぶことなんかできない。それは港区女子の鉄則だ。それは一般の恋愛にも言えることだと思う。

そう考えれば、「うわ~、やっぱカネで男を選んでるのかよ」というコメントが的はずれであることがよくわかるのではないか。

https://www.news-postseven.com/archives/20180616_697684.html

 

単純に相続とかで金持ってるだけの男と違って、彼女たちが選んだのは自分で勝ち取った側の金持ち。当然中身も貧乏人より魅力的だし顔で選ぶよりはよっぽど健全だと思うけど。

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能