【悲報】小室圭さん、終わる 眞子さまが結婚一時金辞退へ

スポンサーリンク

【驚愕】眞子さまの婚約者、小室圭さまで打線組んだ

眞子さま 一時金1億円放棄で“民間女性”として結婚の道も〈週刊朝日〉

スポンサーリンク

2月6日は沈黙のまま過ぎた。秋篠宮家の長女、眞子さま(28)と小室圭さん(28)の結婚を2020年に延期すると、宮内庁が発表してから2年の節目の日。ただ、皇室行事の時期を見て「発表」との見方もある。眞子さまの意志は固いようで、結婚へのカウントダウンが始まろうとしている。

スポンサーリンク

「できることならば、眞子さまには一刻も早く、結婚していただきたい」

2月6日を間近にし、秋篠宮家に詳しい関係者はそう話した。

ふたりを祝福したい気持ち? そうではないと言い、深いため息をついた。

スポンサーリンク

ため息の理由は後述するが、2月6日というのは、眞子さまと小室さんの結婚を延期すると宮内庁が発表してから、ちょうど2年となる日だ。

秋篠宮さまが、昨年11月の誕生日会見で、

スポンサーリンク

「(今年2月には)何らかのことは発表する必要があると私は思っております」

と言及しただけに、6日に「発表」があるのでは、と世間も注視していた。だが、秋篠宮ご一家は沈黙を貫いた。

スポンサーリンク

23日には、令和に入って初となる天皇陛下の誕生日があり、4月には、秋篠宮さまが皇位継承順位1位になったことを示す立皇嗣の礼があることから、大事な行事のある時期を避けて検討や相談が進んでいるとみられる。

スポンサーリンク

となれば秋篠宮ご一家が、動きを見せるのはいつになるのか。宮内庁OBの山下晋司氏は、5月のゴールデンウィーク過ぎではないか、と見る。

スポンサーリンク

「秋篠宮殿下が継承順位1位になったことを示す『立皇嗣の礼』の儀式は、4月19日に始まり、5月8日の昭和天皇陵への参拝で終わります。それが一段落した時期ではないでしょうか」

スポンサーリンク

そもそも、ふたりの結婚問題が延期になった原因は、2017年12月に報道が始まった小室さん親子の金銭トラブルだ。

スポンサーリンク

驚いた秋篠宮ご夫妻は、宮邸で小室さんに説明を求めたが、小室さんは「解決済みです」と言うだけで、何ら納得がいく説明はなかった。小室さんは、18年8月から米ニューヨークの大学に留学したが、その前には勤務先の上司とその知人との会食に眞子さまを呼び出し、一緒に食事をすることもあった。秋篠宮ご夫妻は、眞子さまが「利用されているのでは」との懸念を抱いていた。

スポンサーリンク

秋篠宮さまは、その年の秋の誕生日会見で、「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ、婚約にあたる納采の儀を行うことはできません」と明言し、小室さん親子の金銭トラブルについて、再度、納得できる説明を望んだ。

スポンサーリンク

だが、年明けの19年1月。小室さんは、一方的に「解決済み」と宣言する文書を代理人弁護士を通じて公表した。

スポンサーリンク

この件を眞子さまが知っていたことについて、秋篠宮家と親しい人物は本誌に、「眞子さまは小室さんを信じ切っていらっしゃる」と嘆いていた。

スポンサーリンク

あれから1年。眞子さまの胸中に何かしらの変化はあったのか。

先の関係者がこう打ち明ける。

「小室さんと結婚する、という眞子さまの決心は、やはり固いようです」

スポンサーリンク

結婚の延期が発表された2年前から、秋篠宮ご夫妻は、眞子さまと結婚問題についてまったく話をすることはできなかったようだ。

スポンサーリンク

小室さんが米国に留学したとき、秋篠宮ご夫妻は、「物理的に離れることで、(眞子さまは)冷静になるのでは」と期待していたが、その希望は2年経ってもかなわなかった。

スポンサーリンク

「先日、三方がわずかに話し合いをなさったようですが、平行線に終わったようです」(先の関係者)

眞子さまの気持ちは、冷静になるどころか、より強固になっていたのだ。

スポンサーリンク

その決心は、今年1月16日の「歌会始の儀」で眞子さまが詠んだ歌に、にじんでいるようにも思える。

望月に月の兎が棲まふかと思ふ心を持ちつぎゆかな

スポンサーリンク

幼いころに聞いた、月にウサギがすむという伝承。年を重ねるごとに、想像力が乏しくなることへの寂しさと、豊かな想像力をいつまでも持ちたいという憧憬(しょうけい)を込めた和歌だ。

スポンサーリンク

この歌で多くの人が思い起こしたのは、17年9月の眞子さまと小室さんの婚約内定についての記者会見だろう。

互いを太陽と月にたとえ、小室さんは眞子さまへの思いをこう話した。

スポンサーリンク

「ある日、夜空にきれいな月を見つけ、その時思わず宮さまにお電話をいたしました。その後もきれいな月を見つけますと、うれしくなり、宮さまにお電話をおかけしています。宮さまは私のことを月のように静かに見守ってくださる存在でございます」

スポンサーリンク

ある宮内庁関係者も、眞子さまの和歌を知って、「お気持ちは変わらないのだと感じた」と言い、こう嘆いた。

「結婚の先に、眞子さまの幸せが見えるのならば祝福したいが。果たして──」

スポンサーリンク

そして何より、宮内庁や皇室の周囲にいる人が頭を抱えるのは、これが、眞子さまひとりの結婚問題にとどまらないからだ。

時事通信社が先月、

「政府は、安定的な皇位継承の確保策について、非公式に検討に入った」

スポンサーリンク

とのニュースを流した。政府は、すでに水面下で有識者からの意見聴取に着手し、(1)小泉内閣の有識者会議が提言した女性・女系天皇の扱い(2)女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」の創設(3)旧皇族の皇籍復帰──について見解を確認しており、4月の「立皇嗣の礼」以降、有識者会議の設置を含めて、検討を本格化させるという内容だ。

スポンサーリンク

冒頭で、「眞子さまに早く結婚してほしい」と話した、先の関係者のため息の理由はここにある。

スポンサーリンク

「野田内閣のときに始まった『女性宮家』議論ですが、いまのままでは、眞子さまのご結婚問題が、『女性宮家』議論の高いハードルになってしまうことは間違いない」

スポンサーリンク

野田内閣の時も、当主となる女性皇族の配偶者とその子どもも、「準皇族」に似た扱いになるかについて議論された。

スポンサーリンク

眞子さまが結婚して皇籍を離脱するのか、結論を出さないまま「女性宮家」の議論が始まれば、小室さんが皇族に準じた扱いとなることを前提として、考えなければならない。

スポンサーリンク

「その場合、小室さんの存在が、『女性宮家』反対派にとっては、格好の攻撃材料となってしまう」(山下氏)

スポンサーリンク

小室家の金銭トラブルについては、秋篠宮さまが望んだような、「多くの人が納得し、祝福する」状態とは言えそうにない。

先の関係者がこう話す。

スポンサーリンク

「眞子さまが、どうしてもその方との結婚を望むのであれば、女性宮家の議論が本格化する前に、眞子さまには皇籍離脱を選択していただくのがよいのではないか」

スポンサーリンク

確かに、皇室典範第11条には、「年齢十五年以上の内親王、王及び女王は、その意思に基き、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる」とあり、眞子さまには、結婚前に皇籍を離れるという選択肢もある。

スポンサーリンク

そして皇室経済法により、皇室を離れる皇族は、「品位を保つため」に国から一時金が支給される。眞子さまの場合、金額は1億円超とみられている。

先の関係者が続ける。

スポンサーリンク

「一時金も辞退したうえで、『民間の女性』としてご結婚なさるのが一番よろしいのではないだろうか」

スポンサーリンク

一民間人として暮らすという点では、英王室からの離脱を宣言し、公務から退き、カナダで生活しているハリー王子とメーガン妃の例が頭をよぎるが、眞子さまの場合は、そう簡単ではない。

スポンサーリンク

英王室は、エリザベス英女王に続き次代を担う息子のチャールズ皇太子、孫のウィリアム王子、そしてひ孫のジョージ王子と、王位継承者がしっかりと確保されている。

スポンサーリンク

一方、日本の皇室は50歳未満の若い男性皇族は13歳の悠仁さまだけ。女性皇族は、6人しかいない。

スポンサーリンク

眞子さまは、将来の天皇となる悠仁さまを支える存在として、「女性宮家」の筆頭候補として、上皇ご夫妻も期待をかけて可愛がってきた内親王だ。

スポンサーリンク

「眞子さまを失う痛みははかり知れない。だが、眞子さまの件で、将来の天皇となる悠仁さまに影響が出ることは困る」(先の関係者)

スポンサーリンク

眞子さまの、小室さんとの結婚の意思は揺るぎない様子との見方は、外にも漏れ伝わっている。眞子さま自ら「離脱」の意思を示してほしい、との声が出ていることも確かだ。

スポンサーリンク

だが、先の山下氏は、「民間人となるための離脱」は、三権の長などで構成される皇室会議を開く必要があり、議論がより複雑になるなど、メリットはない、との考えだ。

スポンサーリンク

政府の議論がスタートするであろう5月には、結婚の意思を表明し、これまでの女性の皇族と同じように、「結婚に伴う皇籍離脱」の手続きにするべきだという。

スポンサーリンク

「どちらにしろ、眞子内親王のご意思が変わらない以上、結婚以外の選択肢はないと感じます」

スポンサーリンク

その時は小室さんと米国で暮らすという道もあるのだろうか。眞子さまが「決意」を公表する時、どのような未来予想図を描いているのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200212-00000066-sasahi-soci&p=1

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

これでも結婚するなら祝福するわ
むしろ最初からKKが「辞退してでも」って言うべきやったろ
それなら風向きも違ってた可能性も😅😅😅

コメント

  1. 日本のため破談のみ より:

    女性宮家作りたいなら同時にこんな基地がい女がいたら皇族追放という制度も同時につくるべき
    その第1号に眞子をすればいい
    品位もくそもない女持参金など必要ない!地位も必要ない!
    どうせ持参金無しで地位もなくせば用済み女なのはだれでもわかる