【驚愕】警察庁「パチスロ雑誌やネット掲載の“平均連チャン数”や“ボーダーライン”はすべて嘘です」

ST継続率 警察庁の 雑誌などの
計算式  計算式
50%    2.00連   2.00連
55%    2.16連   2.22連
60%    2.36連   2.50連
65%    2.61連   2.86連
70%    2.94連   3.33連
75%    3.41連   4.00連
80%    4.11連   5.00連
85%    5.27連   6.67連
90%    7.58連  10.00連
95%   14.51連  20.00連

警察庁配布資料
https://www.npa.go.jp/laws/notification/seian/hoan/hoan20171214-2.pdf

警察庁の配布している計算式の詳細

高い値のまま一定回数抽せんを行う場合は、その一定回数は、あらかじめ定められ た一の値(以下この項でγとする。)である。
このとき、Pは

(α×(1-(1-MH)^γ))^P1 = 1/2 (0<α≦1)

である。
遊技機が、α、β及びγを2以上持つ場合には、2を超える作動確率Mを持つものであると解するため、当該遊技機のα、β及びγを2以上持つ性能は、本規定に抵触する。
ただし、設定によりMH及びMLの値が異なることにより、設定ごとに異なる作動確率Mの値を持つことは、差し支えない。

高確率変動抽せんを構造物により行う場合(Vアタッカー方式)のαは、物理的に可能である最大値である1である。

■警察庁の計算式
継続数=LOG(1/2,継続率)
連荘数=初当り1 + 継続数

■雑誌などの計算式
連荘数=1/(1-継続率)

 

よくわからない計算は出来るのに、なんで換金については知らないんですかねえ…(;´Д`)

コメント