sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

男性が行方不明、警察犬「マリーナ」が捜索 20分後に倒れた男性を発見、マリーナが寄り添い温める 大宮署が感謝状と骨のおもちゃ贈呈

   

男性が行方不明、警察犬「マリーナ」が捜索 20分後に倒れた男性を発見、マリーナが寄り添い温める 大宮署が感謝状と骨のおもちゃ贈呈

 行方不明の高齢男性の発見に貢献したとして、大宮署は11日、浦和第一警察犬訓練所浦和校の指導士羽鳥文仁さん(39)と警察犬所有者の荒木和雄さん(65)、警察犬マリーナ・フォン・レーベン(ジャーマンシェパード、雌6歳)に感謝状を贈呈した。マリーナには骨の形をしたおもちゃ2個も贈られた。

同署によると、4月30日午前8時半ごろ、さいたま市北区に住む80代男性の家族から「(男性が)外出したまま帰ってこない」と110番があった。同署員や別の警察犬が自宅付近を捜索したが、足取りが途絶えていた。

その後、男性がタクシーに乗り、同市西区の河川敷周辺で降車したことが分かった。マリーナは要請を受け、同日午後8時半ごろから周辺の捜索を開始。約20分後、およそ200メートル離れた河川敷の側溝で仰向けに倒れていた男性を発見した。

男性にけがはなかったが、低体温症のような反応がみられたため、マリーナは救急隊が到着するまで男性に寄り添って温めたという。

一緒に活動した羽鳥さんは「最初から意欲的に捜索してくれたので、もしかしたら何かを見つけられるかなと思った」と手応えを実感。荒木さんは「お役に立ててうれしい。よくやった」と愛犬をたたえた。

古賀康弘署長は「警察がいろいろと手を尽くしたが見つからなかったので、本当にお手柄です」と感謝した。

http://www.saitama-np.co.jp/news/2018/05/14/09_.html

 

( ・∀・)=b グッジョブ

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 動物