「警察24時」で音声スタッフ死亡。警官の撃った流れ弾が当たって即死か

「警察24時」で音声スタッフ死亡。警官の撃った流れ弾が当たって即死か

米警察が番組スタッフ射殺 警察密着ドキュメンタリー番組で【動画】

警察密着ドキュメンタリー番組「全米警察24時コップス」の撮影中、米ネブラスカ州オマハで起きたカフェでの銃撃戦で警官が撃った銃弾が音響スタッフ、ブライス・ディオンさんに当たった。

事件は2014年に起きたものだが、「WOWT News」テレビが報じるところ、動画は最近まで公開されなかった。公開は、ネブラスカ州ダグラス郡裁判所の判決を受けて行われた。 動画には深夜の撮影中の様子が映っている。警官が強盗の通報を受けて、容疑者のいたファーストフード店「ウェンディーズ」に突入。警官は発砲し、1発の銃弾が偶然ディオンさんに当たった。ディオンさんは即死だった。

ディオンさん殺害後、裁判所はオマハ当局と警察に過失がなかったかを検討している。

米警察が番組スタッフ射殺 警察密着ドキュメンタリー番組で【動画】
警察密着ドキュメンタリー番組「全米警察24時コップス」の撮影中、米ネブラスカ州オマハで起きたカフェでの銃撃戦で警官が撃った銃弾が音響スタッフ、ブライス・ディオンさんに当たった。

 

警察の仕事は危険だし、それに密着してればこういう事も起こり得るよなぁ…(;´Д`)

コメント