sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

人事異動で「経理に配属」が意味することは何か

   

人事異動で「経理に配属」が意味することは何か

経理の“出世道”は
どこにあるのか?

簿記や税務などの専門知識を活かしながらコツコツ働くイメージが強い経理職。営業職のようにノルマを課せられたり、接待にかり出されたりすることはなく、長く安定した環境で働けるとの理由で経理職を選ぶ人も少なくありません。

ただ、仕事の評価が数値化されにくいことや、社内での位置もどちらかと言えば花形部署とは言えないため、“出世”を目指すのは難しいと考える人もいるようです。

さて、ここまでお読みの方々は、頷いたり、そうではないと感じたり、様々だと思います。もちろん、経理部出身者の方が経営陣へ上り詰めるケースは珍しくないでしょう。

この春、人事異動で経理部へ配属された方、あるいは、長年にわたって経理畑に身を置いている方も、自身の将来におけるキャリア像や社員・部下らに対する今後の支援策を思い描きながら本稿を読み進めていただければ嬉しいです。

企業の人事側は、異動の際に理由をしっかりと伝えているでしょうか? たとえ、抜かりはないにしても、当の本人は“それは真実ではない”と捉えてしまうケースは少なからずあります。

中堅の福祉関連企業に勤務するAさん(男性 30代前半)も、その一人です。今春、企画営業から経理部へ異動になり、疑心暗鬼になっているのです。

「営業成績は悪くはありませんでした。きっと、上司が仕組んだのでしょう。私のやり方にイチイチ駄目出しして、反りが合いませんでした。人事部側は、『将来に向けて、経営管理を経験してほしい』と言ってくれましたが、単なる左遷に決まっています」

俯きながら語るAさんは、経理の仕事には興味がなく、上司や人事部に対して不信感すら抱いている様子です。

経理職は経営活動が
ライブで垣間見られる

Aさんのように他部署から経理部へ異動になり、落胆してしまうケースは少なくありません。その背景には、経理部に対する偏見が影響していると考えられます。筆者はこれまで、多数のビジネスパーソンと接してきましたが、「日々、決まりきった仕事でつまらなかった」と経理部から早々に異動願いを提出した人や、経理部のマネージャーですら、「細かな作業の繰り返しだから上昇志向のある人は向かない」と独自の考えを示すケースを多く見聞きしました。

もちろん、捉え方や価値観は人それぞれでしょうが、筆者が本連載の中でお伝えしているように、経理部は会社内のデータ類を通じて、社員らの経営活動、成果に触れることができる部署であり、初心者レベルでも自ら創意工夫することで、付加価値の高い仕事が遂行できる上、自身の成長にも繋がります。

Aさんの異動理由の真実は不明ですが、人事部側が「将来に向けて、経営管理を経験してほしい」と伝えたことは額面どおりに捉えて構わないはずです。周囲がどのような偏見を持とうと、経理部に配属されたAさんが、データや伝票類等を通して、ライブで経営活動を垣間見られるのは自明の事実であり、Aさんの意識の向け方次第でデータ分析力や部署に対する提言力など、様々なスキルが身につく場が待っているのです。このように考えると経理部の中で、その人なりの出世コースが見えてくるものです。

人それぞれの「出世」についてもう少しご説明します。

会社に縛られない
「出世」の考え方

出世とは、一般的に会社内での昇進昇格を指しています。本稿をお読みの方の中には、所属している経理部にて課長、部長職やひいては経営陣を目指している方もおられるでしょう。

こうした地位に上り詰める方法はもちろん様々でしょうが、人事考課制度に沿った資格取得や成果を積み上げることのほか、中には上司と良好な関係を築きながら、時に社内政治に敏感になるなど、その会社特有の文化に根付いたスキルが求められることもあります。

これは筆者の持論ですが、社内でスタンダードな出世を目指すのは、多大なエネルギーが必要であると共に、その会社でしか通用しない人材にもなりかねので、リスクが高いこともあり得るのです。

昨今は、少子高齢化による収益減少が生じている業種は多数あり、利益確保のために商品・サービスの値上げに動いたり、マーケットの変更に着手したりと、新たな経営手法が必要になっている企業が少なくありません。

加えて会社存続のためのM&Aや、人手不足により外国人を雇うなど、収入構造のみならず組織全体の改編を選択するところも増えてきています。ところが企業の中には、柔軟な対応に目を向けないために、衰退への道を辿るケースもあるのです。

あなたが勤務している企業も時代の変化に伴い、何かしらの影響を受けているはずですが、経営陣は適切な策を講じているでしょうか? もしも、そこまで解らないのであれば、上司の動きに注目しましょう。上司が経営陣の意向やその理由について経理部内で浸透させ、部員の意見や質問も吸い上げて、経営陣に伝えている様子があるかどうかなど、雰囲気から何となくつかめるでしょう。

入社間もないのであれば、上司・先輩の指導を受けながら、しっかりと経理人としての基礎を学ぶことも大切です。しかし、ある程度年数が経過して、キャリアを積んだのであれば、自身の目で自社を客観視し、あなたの今後の未来を見据えることが肝要です。

自社のシステムに沿った出世道に焦点を絞ることのみならず、広い視野を持って様々な変動に適応できる人材を目指すことのほうが、未来に続く出世道だと考えられます。

たとえば、簿記やFPなどの資格取得をしてテクニカルスキルを磨けば、経理の仕事に活かすことができます。また、あなたがこれまで培ってきた経理スキルやプライベートな活動を通じて得た人脈や、学生時代に得た知識を活かして起業を目指したりするのだって一つの手です。あるいは、社内に残るにしても、あなたが考えた改善策を経営陣に提起できるような、「モノが言える人材」を目指したりなど、柔軟な観点で未来像を描いてはいかがでしょうか。

幸い経理部は、会社の経営状況を肌で感じ取れる部署です。つまり社内の変動に一早く気づける環境なので、個々の身の振り方を早期に検討できると言えます。また、繰り返しになりますが、実務を通じて分析力や提案力など、様々なスキルが身につく場です。あなたの能力を全面的に表出させて、遠慮することなく活躍の場を探ることをお勧めしたいのです。

経理の管理職の出世道
部下の育成を後押しする方法

後半では、経理部の管理職がどのようなスタンスで部下の出世についての支援策を講ずればいいのか、考えていきます。

さきほど、いわゆる「会社人間」に偏るリスクを述べましたが、本音は管理職のあなたも自社のみに焦点を絞った出世道を思い描くのには、リスクを感じているのではないでしょうか。

しかし、会社はいくら成熟期を迎えていても永続が使命です。あなたは、社内政治も無視できず、経営陣の指針に対して疑問があってもなかなか言えない立場にありますが、権限はあるはずですし、貴重な人材リソースを活用して、自社の繁栄と部下の育成に結びつけるのもマネージャーとしての使命の一つです。

昨今は出世を望まない若者も少なくありませんが、たとえ、あなたの部下がそれに当てはまるにしても、面談などの場で「仕事を通してどんなところにやりがいを持っているか?」「達成感を覚えたのはどの場面か?」など、質問の仕方を工夫してみましょう。本人すら気づかない適性や能力を見極めて、部下に次のステップの任務を命ずるなど、成長の後押しをすることが求められるでしょう。

たとえば、部下が「集計した数値が一致した時に達成感を覚える」と答えたのであれば、仕事の正確性にこだわるタイプなのでしょうから、「経理部内でミスを防ぐ方法をまとめて全員にレポートしてくれないか?」と指示してみます。実行に移せば、その方は全体が底上げすることに喜びを見出し、リーダーシップを執ることに興味を持つかもしれません。ひいては自ずと次のステップを踏み出す期待もできます。

また、部下の中には高度な教育を受けた人材やあなたよりも優れた適性を持ち合わせている方がいるものです。そこに焦点を当てて、経理部内の業務フローや、社内全体の仕組みについての改善案を提案・実行させたり、新しい発想での経理の役目を模索させたり、あなたがこれまで抱えていた経理の常識枠を超えた取り組みの場を与えるなど、権限者であればこその柔軟な指示、機会の提供が可能なはずです。

あなたが謙虚な姿勢で今後の担い手となる部下がどのようにステージ上で活躍すれば、自社の繁栄に繋がるのかを、切磋琢磨して情報収集をしながら研究したり、経営陣に掛け合ったり、部下の声を傾聴しながら、具体的な行動を執ることで、マネージャー職のあなたにとっても会社に縛られない次の“出世道”が見えてくるのです。

http://diamond.jp/articles/-/165203

 

(´・∀・`)ヘー

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット